音楽業界

なたで日記5/2

投稿日: 更新日:


最近、携帯電話からの日記更新がなぜか利用できない状況が続いています。
しかも、メッセンジャーのバージョン2009にしろと催促があったので、更新したら、
メッセンジャーから日記の更新を行うことも不可能に。(~o~)
しょうがないから、「なたで日記」のサイトへ手動で移動しようと、
グーグル使っても、なぜか検索にこのサイトがヒットしない。(""でくくればヒットするのですが。)
以上が悩みです。はい。

こんな状況だと更新するのが億劫になってしまう…(/_;)

さてと、いろいろ書き込みたいことがたまっていたので、破片的に書き込みます。


まず音楽業界のメモから


音楽ソフト市場の世界的不況が深刻化 頼みのネット配信はどうなる?(日刊サイゾー 2009.05.02 土)
興味は非常にあるのですが、まとめるの面倒になってきたので、紹介だけで。(ーー;)

広告

音楽業界のmemo4

投稿日: 更新日:


 
と続いてきたけど、今回は本当にメモだけ。

音楽配信サービスの影響?CDはシングル・アルバムとも低迷(2008年1月19日19時54分 読売新聞)より一部抜粋
> 日本レコード協会が19日発表した2008年のCDやDVDなど音楽ソフト生産額は、
>前年比8%減の3618億円と、10年連続で前年実績を下回った。
> 過去最高だった1998年(約6075億円)から4割減少した。
> 生産数量も5%減の3億349万枚と3年連続で減少した。
>CDはシングルが15%減の399億円、アルバムも10%減の2513億円だった。 (全てを表示

ちょっと情報古いけど、下書きのままそのままにしてたから、記事投稿。

JASRACに立ち入り検査

投稿日: 更新日:


> テレビやラジオ番組で使う楽曲の放送使用料をめぐり、
>著作権管理団体の日本音楽著作権協会(JASRAC)の契約方法が、
>競合他社の事業を不当に制限し、市場への参入を排除するものだった疑いが強まったとして、
>公正取引委員会は23日、独占禁止法違反(私的独占)容疑で、
>同協会の本部(東京都渋谷区)に立ち入り検査をした。
> JASRACは、NHKや民放各局が番組内で流す楽曲の使用料について、
>流した回数や時間ごとに計算するのではなく、
>各放送局の年間放送事業収入に1.5%を乗じた金額を放送使用料として徴収する「包括契約」という契約形態をとっている。
>各放送局のサンプリング調査をもとに、作曲家らへの配分を計算している。
>市場規模は年間約260億円。
 
うん。やっぱり独占ってよくなかったのですね。
というかもうほとんど公的機関だと勘違いしてる人とか多かったと思う。
 
ちなみに音楽著作権管理事業者の徴収額シェアは
>99.3 % 日本音楽著作権協会(JASRAC)
> 0.3 % ジャパン・ライツ・クリアランス
> 0.3 % イーライセンス
> 0.1 % アジア著作協会
> 0.02% ダイキサウンド
> 0.0 % ジャパン・デジタル・コンテンツ信託
 
という99.3%もの独占。うん。
よくここまで放っておかれたなと思います。
多分何か裏があると思うけど。
 
しかし…
> 音楽著作権の使用料を徴収し、作曲家や作詞家に分配する業務は、かつてはJASRACの独占市場だった。
>01年10月施行の著作権等管理事業法で、JASRAC以外の業者の参入が認められ、数社がすでに事業を開始している。
著作権等管理事業法ってのもよくわかんない。
この施行前はJASRACしかなんで駄目だったのかな。この辺は詳しくないから知りたい。
 
で調べてみると、文化庁HPに詳しく載っていました。
著作権等管理事業法の制定とその背景 (仲介業務法から、著作権等管理事業法へ)
これを見ると、別にJASRACしか駄目ってことではなくて、
「昭和十四年法律第六十七号(著作権ニ関スル仲介業務ニ関スル法律)」(仲介業務法)のために業務実施が許可制で、
申請して、許可をもらわないと認められないといけなかったってことですね。
それでJASRACしか認可をもらっていなかったという。
うん。違うかも。難しい^^;
 
話し戻るけど、利権に守られたJASRACがまさか、独占禁止法違反の疑いで調べられるとは。
ってことは、同じく利権で守られてるB-CASカード
株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズも、やばいんじゃないんだろうか^^;
 
公正取引委員会さんやっちゃって下さい。^^

ピュアオーディオの醍醐味

投稿日: 更新日:


去年の暮れぐらいかな、SD-20のアナログ出力にものすごいノイズが入るから、
光デジタル出力端子を使おうと思って、光デジタル入力をアナログ出力に変換するための装置を探したんだよ。
そして、結局探した中で最も安い、DR.DAC2を買ったわけなんだけど。
うん。後から考えたら、SD-20より高いじゃないか。
しかも、今検索してたら、もっと安いDA-Linkというのがあった。もう売ってないようだけど。
なんか、この類で安いのあるのかな。
まあうん。買ったものはしょうがない。(^^)
 
で、その買う前に色々調べていたわけなのですが、
その変換するためのDACを探しているとピュアオーディオのようなのがどんどん出てくるわけですよ。
2chのスレ内でも
ここを見ると大体、安いのでも相場は3万円かららしいことが分かるけど…。
例えば、上記Yahoo!知恵袋で紹介されてる、コンバータは
PRECISION MDSD DIGITAL PROCESSOR DC-801(プレーヤー) 892,500円
と、どうみても高い。
 
うん。そのうち怪しいショップを見ているうちにすごい商品が出てくる。
極/義経 (インシュレーター ?)4個1セット 54,000円
THE J-1 PROJECT PPR-100 (オーディオ用電源) 367,500円
AB-1000 (スピーカーを乗せる台?) 21,000円
FP-CU (フェイズプラグ?) ペア 35,000円
まあ高いのを買えばそれなりにいい音?は出るようにはなっていくとは思うのだけど。
ケーブルや電源やプラグ、なんか貼り付ける丸い物とか、いくらなんでも音は変わらないだろう。みたいな商品。
 
さらに意味不明なのだと、
AC-1S(8NLimited)(電源ケーブル) 1.8kaiser?    90,000円
カイザーゲージ (メジャー) 3,675円
狛蛇(ハクジャ)(1m×1本) (オーディオケーブル)  230,000円
そういうのを見て、当時は変な商品が多いなあ。
音なんて変わるはずがない、ピュアオーディオは怪しいものだ。と考えていた。
 
でも、今よくよく考えると、プラシーボ効果なんだから買っても意味がない、ということではなくて、
このプラシーボ効果をわざと起こさせて、いい音に聞こえる脳を作るのがピュアオーディオの真理だと思った。
 
もともと音楽なんて結局は自分の耳で空気の振動を感じとり、
脳がその波形を分析するわけだから、いくらでも脳の感じ方を変えられる。
小さい頃に、エレキギターの音がなぜか雑音にしか聞こえなかったことと一緒。
自分だけかもと思って、以前友達に聞いたら友達もそうだったらしい(〃∇〃) てれっ☆
音楽関係のデジタル機器とかのエイジングも同様の理由から、
本当に音の感じ方が変わり、結果的に自分にとって本当に音がよくなる。
もちろん暗示のためには、値段相応もあると思う。
高いものを買えば、音がよくなるという心理が働き、脳がその音がいいように感じさせる。
だからこそ、数値的な結果で調べるのではなく、自分の耳で聞いてから、音がよくなっていると実感できる。
結局は、いい音を判断するのは自分の脳なのである。
 
こういうのが、100万円以上の機材を投資した後のピュアオーディオの醍醐味なんだなと悟った。

音楽業界のmemo3

投稿日: 更新日:


音楽業界のmemo1では2007年のCD&音声ファイルの売上総数は増加
音楽業界のmemo2では2007年のCD&音声ファイルの売上高は減少
と今まで音楽業界のニュースがあったわけですが、また気になるニュースを見つけました。
 
音楽の有料配信、下降するCDシングルの市場規模に迫り2008年中にも抜く勢い (フジニュースネットワーク 03/20 19:34)より抜粋
>「CDの売り上げ」「音楽配信」「レンタルCD」と本当のヒット曲がわかりにくい時代になっている。
>特に音楽の有料配信は、下降するCDシングルの市場規模に迫り、ことし中にも抜く勢い
>
>年々およそ5割り増しの勢いで拡大する有料配信は、
>1999年をピークに下降するCDシングルの市場規模に迫り、2008年中にも抜く勢いとなっている。
 
もうほとんど、CDより音楽配信への時代へ変わってきたということでしょうか。
音楽配信で売上総数が上がって、高いCDの売上総数が下がったから、全体の売上高が下がってるんだね。
 
元々CD自体は1999年から市場が小さくなっているようだけど、
このころはまだ音楽配信なんてなかったんだよなあ。なんでだろう^^;
高速なADSLも2000年12月からサービスを開始したそうだし、
ADSL以上な高速通信が一般普及したのも大体2003年あたり。
さらに、着うたフルサービスは2004年から。
ちょっと気になった。
 
まあ、でもこのニュースでは今年でその音楽配信がCDの市場規模を追い抜くらしいし。
後は、売上高か…。でも今までが高かったってのもあると思う。
シングルのCDは安くて1000円だけど、1曲の音楽ダウンロードは着うたフルで1曲105円から420円らしいし。

同人音楽の森

投稿日: 更新日:


同人音楽の森では同人の音楽を手軽に販売することが出来るようになるよう。
JASRAC登録曲以外にも、オリジナルの音楽なども販売できる。
ユーザー登録も無料なので、MUSIEで作者の傾向の音楽を公開し、こちらで販売する人とか増えそう。
クレジットカードも使えるし便利。
 
まとめ
 
オリジナル曲・JASRACカバー曲を無料でファイルの公開がしたい     ⇒ MySound (旧名:プレイヤーズ王国)  解説へ

オリジナル曲・JASRACカバー曲を無料でファイルの販売がしたい     ⇒ 同人音楽の森  解説へ

オリジナル曲を無料でファイルの公開がしたい・無料でCD販売がしたい ⇒ MUSIE  解説へ

 
というか本来こういうサービスはJASRACがやってくれればいいのに。
JASRAC入会金25000円 年会費8000円かかるというのに。
同人音楽の森は入会金年会費無料。まあ方向性が違うから一般的には比べられないけど、うん。
JASRACカバー曲じゃなければ、手数料が少し安くなるとかならよかったかも。って文句言ってられないけど^^;
でも、JASRACに登録しないで、こっちで販売するような業者が出たらJASRACいらないじゃないか。

音楽業界のmemo2

投稿日: 更新日:


前回話した音楽業界のmemoでは、
 
>一方、CDなどのアルバム販売総数は、15パーセント減の約5億50万枚。
>アップルのiPod(アイポッド)などデジタル携帯プレーヤーの普及による
>CDからダウンロードへの移行を裏付ける結果となった。
>CDの販売枚数やビデオの販売本数、ダウンロードされた曲数など、
>すべてを合わせた売上総数14パーセント増の13億6900万点だった。
 
ってあったけど、今日新しいニュースを見つけた。
 
世界のデジタル音楽売上高、前年比40%増加 (2008年1月25日11時46分)
>昨年、世界のデジタル音楽の売上高は前年比40%増の29億ドルと高い伸びを示したが、
>CDの売上高減少による損失はカバーできなかった。国際レコード産業連盟(IFPI)が24日明らかにした。
 
あれ?
すべてを合わせた売上総数は上がったけど、売上高は下がったってことなのか?
つまり、今までのCDが高すぎたのか、ダウンロード販売が安すぎたのか。
うん。でも、売上総数は上がっているんだから、この調子でいけば、まあ大丈夫なのかな。
今年の売上高が気になる。