アイソレーションタンクに行ってきた

投稿日: 更新日:


こんにちは。なたでです!
アイソレーションタンクを体験してきたので、その話をします。

イエーイ!


アイソレーションタンクとは・・・?

アイソレーションタンク(フローティングタンク)とは何という話を・・・
しようかと思ったのですが、私自身そんなに知らなくて、
とりあえずwikipediaを見ていただいたり、
写真検索をしてイメージを掴んだほうがいいです。

すこし解説すると、体を水の中に浮かべて、
聴覚、触覚、視覚を奪って、ふわふわするというもの。


施設に向かう

今回行ってきた場所について、
本当は、いろいろ詳細に書いたほうがいいかもしれませんが、
もし場所を正確に書いてしまうと、私の記事を見て行きたくないかも!
っていう方が出てしまったら、よくないので、今回書きません……。

私は、予約していったのですが、
家から遠いので、たっぷりコースである2時間を予約しました。
行った場所は、駅から歩いて10分ちょっとです。
その駅には、休日の昼時でも空いているコインロッカーがたくさんあるので、
荷物が多かったので置いていきました。

私が行った場所は、施設というより、
普通の家のような感じで、個人宅のような感じです。

「密室でリラックスする」
「アイソレーションタンクの知名度が低い」
「瞑想系」
といった、3つの要因と、個人宅ということで、
正直すこし警戒してしまいました・・・。
(車通から離れた個人の家ということは、騒音が少ないメリットはあるとおもいます!)

一応、アイソレーションタンクがある場所をここに書きます。

ちなみに愛知県内(名古屋など)にはないと思われます。東京へGO!

・東京都(白金) Float Center フロートセンター
・東京都(池袋) Sel Flotte セルフロッテ
・東京都(自由が丘) Pur Spa
・沖縄県 アイソレーションタンクと癒しの店 Lenka
・岡山県 Floating Tank Saloon COCOON


入るまで

家の中では、行く前の調査で見つけたブログに書いてあった
お兄さんがお出迎えしていただきました。

診察部屋のような場所で、アイソレーションタンクの入り方について講義を受けました。
特に注意する点は、2点です。

首の位置
水の中で浮かぶ性質上、首の位置をどうするか迷う人が多いという話です。
すこし上を向いて、耳は完全に浸かり、目も眉毛あたりは浸かります。

水が目に入った時の対処
水といっても、体が浮きやすいようにいろいろ溶かしてあります。
そのため、目に入ったりするととても染みます。慌てて目でこすらないように。

浮かび方については特に細かい指導はありませんでした。
まあだいたい入って慣れるという感じです。

次に、場所の案内がありました。

・お手洗い
・シャワールーム
・アイソレーションタンクがある個室(鍵つき)

この3つです。
お手洗い→シャワールーム→アイソレーションタンクという順番で入っていきます。
アイソレーションタンクは裸で入る必要が有るため、
プライバシーのことから、これらの3つの場所は近くにありまして、
この場所の説明が終わったら、解説の方はいなくなりました。

とりあえず、
アイソレーションタンクがある個室で着替えを行い、
お手洗い、シャワールームを済ませて、
いよいよアイソレーションタンクへ入っていきます。

ちなみに2時間コースというのは、
解説が終わったあとから、2時間です。
したがって、アイソレーションタンクに入るまでも2時間に含まれます。
ただし、アイソレーションタンク内で2時間経ったことを知らされるので、
アイソレーションタンクから出て、体を洗って、服を着るまでなどは、2時間に含まれません。


入ろう

アイソレーションタンク内は意外に広く
横幅が1.5メートル、奥行きが2,3メートルほどありました。
バンザイしても、大丈夫なほどです。
タンクが置いてある部屋自体は暗く、タンク内ももちろん暗いです。
後述の扉を閉めれば真っ暗となります。
水は温かいですが、浮力がすごいので
転ばないように慎重に入りました。

アイソレーションタンクは扉が付いています。
扉を開けてプカプカしてもいいらしいのですが、
中から閉めて、頭を奥にして浮かぶことにしました。

浮かんだことはなかったのですが、簡単に浮かべました
最初の解説に合ったように首の位置の調整が大変でしたが、
なんとかくねくねしているうちに自然な首の位置をみつけることができました。


第1章 ~これがアイソレーションタンク?~

耳に水が入っているので、音は全く聞こえなくなります。
また、真っ暗なので、夜に目をつむった感じで、何も見えなくなります。
しばらく浮かんでいると、感覚も何もなくなります。
ぷか~っとなり、おおー!いい感じ!となります。

浮かび始めてからしばらくすると、
・・・あんまり癒やされていないかも・・・って思ってきました。
これは、初体験であり、慣れていないせいがあるかもしれません。
理由は、恐らく体が浮かんでいることにあります。
上を向いて浮かんでいることから、すこし体勢などに神経を使ってしまいます。
あと、5感がないとは言え、すこし匂いもするので、口呼吸しないといけなく。
癒されるなら、岩盤浴とかのほうが癒やされるのでは・・・と雑念も。

でも、考え事はすごい出来るようになりました
上でも書いているのですが、五感がシャットアウトされるので、
脳の動きしかできなくなります。
そのため、誰にも邪魔されずに考えを行うことができます。瞑想ですね。


第2章 ~人生~

すこし慣れてきて、
なるほど、アイソレーションタンクというのはこんな感じなんですねって思えてきます。
そしてその後に、2時間って長かったかも、1時間でよかったかも・・・と思えてきます。
(ただ、入り終わってからわかるのですが、おそらく1時間と設定してしまうと、
より時間に縛られる感じがするので、すこし長めのほうがいいのかもしれません。)

浮かんでみたものの、どうすればいいんだろう・・・。

うーん。何か考える事用意しておけばよかったな~。

とりあえず人生のことでも考えるか・・・。

生まれてから、今までの道のりをいろいろ考えました。
まあまあな人生だったんではないでしょうか。


第3章 ~宇宙~

ながい!

人生については、生まれてから今のところまでを考えたので、
次に考えることを決めないといけません。

体もあんまり動かしてないから、こってきました。
そのため、一旦外へ出て、すこしストレッチ。

そうそう、アイソレーションタンクがある部屋は、
プラネタリウムのようなものが設置してあり、
アイソレーションタンクの外側には星がキラキラしているのです。

そのため、アイソレーションタンクの扉を開けて
アイソレーションタンク内でプカプカ浮かびながら、星をみることに。

地球の生物のことを考えたり、
宇宙船に乗って外の星々を眺めているという設定で妄想したりしました。


第4章 ~意識消失~

気がついたら寝ていました。

私はお風呂で寝ることが得意なのですが、
それが発動したみたいです。

でも、目覚めたときはすごい気持ちよかったです。

今時間どれぐらいたったのかな。
おそらく1時間30分はこの時点でたっていたのではないかとおもいます。

残りは、またアイソレーションタンクの扉を閉じて、
何も考えることもなく、ふわふわしていました。

そして、時間が来て、アイソレーションタンク内のポンプが動き始めました。


帰り

出たあとは、塩水が体についているので洗わないといけません。
この時に、服や何かに触ってしまうと、白くなってしまうので、注意が必要です。
シャワーを浴びて、髪の毛を洗って服を着て、お兄さんがいる場所へ行きました。

そこで、水が用意されていて、すこし休むことに。(水は無料です!)
しばらくお兄さんがアイソレーションタンクの方へいろいろ見に行っていました。
戻ってきたあと、すこし雑談をして、お金を払って帰りました。

「オウム真理教の事件があってから、こういう施設は少なくなった」
「5回ぐらい入ると、だんだんアイソレーションタンクで検索して出てくる効能を楽しめる」
など雑談です。


さいごに

今回の初アイソレーションタンクで感じたことをまとめます。

私自身は、リラックスできるという感じではありませんでした。
これは個人によるものであり、恐らく複数回行けばまた変わってくるかもしれないですし、
もともとアイソレーションタンク自体が、リラックス目的ではないのかもしれないです。
体制が特に問題だったので、もっと慣れれば、自然な体制ができるようになるかもしれません。

瞑想はできます。
5感のシャットアウトで、色々考え事が捗ります。
誰にもじゃまされずに考え事をしたいのであれば、全然ありではないかとおもいます。

ふしぎな体験ができます。
日常とは違った体験ができます。話のネタに行くのもありだと思います。
SF感も感じることができるので、私みたいな人は行くといいかもしれません。

あやしい・・・?
初アイソレーションタンクでさらに、個人宅っぽい場所での体験。
説明受けている間も、説明していただいた方の笑顔がそんなになかった(真面目すぎて)ので、ちょっと私自身、緊張してました。
その緊張のせいで、アイソレーションタンク内も、すこしドキドキしてリラックスできなかったのかもしれません。
慣れれば、そんなことはないかと思います。
女性の係の方のほうが、緊張がほぐれるかもしれません……。

肩こりは治らない
肩こり治るよ!みたいな体験談ありましたが、私は特に治らないと思いました。
鍼のほうが、ぜんぜんいいです!

以上!

ポートメッセなごや

投稿日: 更新日:


ポートメッセなごやで昼飯食います。

チャーシュー麺です。

汐留らーめんより100倍おいしかった。

東京駅と皇居

投稿日: 更新日:


東京駅は中は何度も来ているのですが、実際外から眺めたことがない。
というわけで、東京駅を外から1度は見てみたいッ!
そんな目的で、秋葉原駅から東京駅へ歩いた日記です่( ̄◡ิ ̄)

というか写真メインです。写真メインなので、
アップすると自動で汚く再圧縮される前の画像を一部上げなおして公開してますヾ(。・ω・。)

ここから歩きました。

山手線で、秋葉原~神田~東京なので、線路に沿って歩くといい感じ。

建物がでかい。
まるで、自分が小さくなったような錯覚がする。(。・ω・。)ノ

でかい写真はこちら

どれもでかい。

でかい写真はこちら

これとか、とてもでかい。看板まででかい。

とても都会です。

皇居によってみた。地図

入るために、入り口で入園票を借ります。
無料では入れるからすごい(*^▽^*)

背後のビル郡がすばらしい。
でかい写真はこちら
疲れたので、途中でもう帰ってきました。

なんか、古い建物と、都会の建物が入り混じって、SFチックでしびれるッ!!(。>ω<。)

でかい写真はこちら

ついに、東京駅発見!!

でかい写真はこちら
あれ……?というかクレーン車……?

なんか工事してたーっ!(><`)三(´><)

いつの日か完全体の東京駅を見たいものです。

汐留らーめん

投稿日: 更新日:


汐留。
「しおどめ」からIMEで漢字に変換できない。
そんなことは、どうでもいいです。

汐留は初めてで、今回は、日本テレビタワーだけ観光です。


しかし、東京はどこいっても高い建物ばっかり圧巻ヽ(^o^)丿
左側の写真の奥に見えるのは、「ぐるナイ ピタリ賞をねらえ」の出し物。
他にも色々出し物みたいなのがたくさんあって、ライブもやってた。

ごくせん神社(日比谷神社) ?(゜_。)?(。_゜)?

日テレ大時計

時間外でからくりは動いてなかった。

汐留らーめん。なんか有名らしい。
平日の午後3時~5時までが、
時間的にあいているのでお勧めと「るるぶ」にかいてあったので、今がチャンスと早めの夕食。
情報によるとココでしか味わえない汐留名物。火曜が休日で、スープ長くなり次第終了らしい。

高画質の写真はこちらΣ(‘◇’*)?

入ったら、中でチケットを買って渡すタイプ。(松屋と同じ感じ)
ただ、チケットは買った後入ろうとしたら、(中にもうひとつドアがある)
女性の店員さんが「ちょっと待って!」といって、5~6分、中に入れなかった。
混んでる感じはなかったけど、準備とかしてたのかな。

とりあえずオーソドックスに、「汐留らーめん」ではい。
↓食べかけじゃなくて、店員さんがおいたときの写真です。見た目がちょっとカオス。

鶏がらというか、シーフード系のダシが、かなりきいてる感じの味です。
結構コッテリした感じで、自分にとってはあんまり。
すがきやのラーメンのほうが好きでした。[´・ω・`]
まあ、旅の思い出にはなりましたが。はい。


というか雑誌の写真だと卵が入ってる。
06~07年の古いるるぶだから、情報が古かったのかな。
まあラーメンにタマゴはあんまり自分的には好きじゃないので別にいいのですが。(別に嫉妬とかしてないんだからっ)
いや、普通に違うメニュー頼んじゃったのかな。
写真では見えないだけで肉の下にあったとか。(もうだいぶ前に食べたことなので忘れた。)

そんなこんなで、食べた後は、日テレのライブの前の階段で涼んで帰りました。(。・ω・。)ノ
後から、汐留らーめんについて調べてみると、あんまりいい評判がないみたいですね。

ところで、ラーメンといえば、漬け麺が流行っているらしいのですが、自分はあんまり好きじゃないです。
ラーメン自体は結構好きな料理なのですが、漬け麺の場合はなんか汁が濃いですし。
いや、味が濃いラーメンは別に嫌いないです。でも、漬け麺の汁はかなり濃いというか。

あとあと冷やし中華も好きじゃないです。
ラーメンは、お腹すいているときに、麺をずずっとすすって食べるというのが好きなのですが、
冷やし中華の場合、すすろうと思うと、タマゴやキュウリがノドにあたって痛かったり。・゚・(p_q)・゚

東京いってきたよ! 1

投稿日: 更新日:


書くの面倒で放置してました。
せっかくの限られた自己主張の場なので、はい☆(*・ω・)

えと、何があったんだろう。
1つ1つのんびり書いていきます。p(´∇`)q

そうそう。
2週間前に東京行ってきました。
去年は北海道にいってたので、2年ぶりです。

東京見学はもちろんのこと。
土曜日にコミケにいってきました。

ここでコミケについて説明します。
コミケとは、コミックマーケットの略称で、
個人で作った作品を、用意されたブース(チームで申し込む)で販売できるというものです。
コミックと名前に入っていますが、作品は、ソフトやツールやゲームや置物など、なんでも自由です。
さらに作品には、1次創作と、2次創作と呼ばれてるものがあります。
1次創作とは、元作品がなく完全オリジナルというものです。(普通は考えられているのはこっちですよね)
2次創作とは、元ネタがあって、それを使用するというものです。
元ネタを使用してもいいという許諾があればいいのですが、
許諾を取らずに販売しているものも多く、こちらは法律的にグレー~ブラックです。
こんなコミケですが、日本国内最大級のイベントとなっており、海外からもたくさんの人が来ます。
今年の初日(金曜日)は、18万人来たそうです。1日だけでですよ!

さて、そんなコミケなのですが、過去1回行ったことありました。
昼ぐらいから行ったのですが、そのときは目当てのものは特になく、雰囲気を楽しむためでした。

でも。今回のコミケは目的がありました!
ここに書いちゃまずいかもしれないので、詳しくは書かないですが、
数年前に初めてネットで知って尊敬している方の学校から、発表があるとのことなのです。
自分は上がり症なので、なんかもうこの文章書いてるだけで上がってきた。(o・ω・)ノ))ブンブン
まあ、それはおいておいて……。

とにかく今回は、金曜から友達と落ち合い土曜の早朝いくということで、
土曜の朝は、3時30分に起きました。
氷と水を満タンにいれた水筒を用意するなど、準備して駅へ。
(他にも、帽子、日焼け止め、扇子、スプレー、タオルなども用意。本当は携帯椅子もあるといい。)
まだ駅は開いていないので、近場の吉野家で豚丼食べました。

始発に乗って、新橋駅へ。(新橋からゆりかもめ乗る)
新橋駅で、何か倒れている人がいたけど、ゆりかもめで往復券。無事出発。
新橋駅は、ゆりかもめで一番端なので、座れました。

現地までの風景です(。>ω<)




なんか途中で、はねるのトびらのイベントやっているところも見えた。


コミケの近くにはマックが2つあって、↑の中に1つマックがある。
マックで待ち合わせして、以前混乱したことがあった。(゙o゙)


6時過ぎに到着。
この時点で1万人以上いるらしいです。
(聞いたうわさによると徹夜が1万人以上なので)

係員の誘導で列に参加して待ちます。

あとは、10時まで待ちます。
1人の場合は多分トイレいけません。
2人の場合でも、元に位置がどこだったか分からなくなる自体になります。

携帯の電波もいつもながら圏外に。
最初のうちは1本とかで生きていたのですが、しばらくするとご覧のとおりです。

自分の携帯は、CDMA 1Xなのか、WINの友達より早く、圏外になってしまった。
というか、館内で昼ごろになると、逆にCDMA 1Xで通話できるようになったけど。
聞いた話によると、携帯電話はDOCOMOが強いらしい。

10時になると、早く並んでいたグループから入れます。

結局入れたの10時30分ぐらい。

このワクワク感がすごい。

とりあえず自分の目的のサークルも友達の目的のサークルもある東ホールにあるので、東へ向かう。

写真はここまでです。
なお、ここで利用している写真については、個人が誰だと特定できるような要素は排除しています。(インターネットよろず法律商談所 P28-29を参照)

まあ、中では色々あって大変でした。
人の波がすごい。よく死者が出ないものだ。

帰りはいつのまにか、午後4時になっていた。
午後4時というのは、コミケが終わる時間。
なんだかんだで、最後までいました(^^ゞ
ちなみに、買ったのは目当ての大学のサークルのゲーム1つのみですがはい。

帰るのも大変でした。
往復切符買ったと最初に言ったのですが、もうヤバい。
帰りの駅で、電車乗るまで40分以上は並びました。
といってもこの頃は、並ぶのもうなれてしまって、ぜんぜん余裕でしたが。(^^)v

いつかここで、何か出し物したいです。(・ω・。)


東京からの帰りは、なんだかんだで8月18日(火)の夜行バス。
8月17日(月)に帰ろうと思ったのですが、レディースしかなかったですし。
やっぱり当日予約は厳しい。

そうそう、行きの夜行バスは、隣の知らない人がいつもながらゲーム(今回はDS)やってたのですが、
帰りの夜行バスがカオスだった。

何がカオスかというと、後ろの人のイビキがヤバいんです><
めちゃくちゃすごい音大きい。
笑いこらえるのが大変だった。
イビキの音がすごい大きいから、逆に他の乗客が静かになって、なんかよかったかも。
サービスエリアついてもイビキがしてたから、目的地着くまでずっと寝てたのかな。

帰りのことも書いちゃったけど、東京でのこともう少しネタあったら追加する。

そういえば、去年買ったノートパソコン(S-101)持ってたのですが、電源忘れた^^;
外付けDVDドライブも持っていったのに、USBケーブル忘れるし。色々忘れた。