なたで日記

いろいろな思ったこと書きますヽ(^▽^ゞ) by natade

Posts Tagged ‘ライセンス

プログラマにとって非常に緩いライセンスの紹介

with one comment


今日は、感染性しないフリー(誰もがどんな条件でも使える)なライセンス※を紹介します。
フリーソフトウェアライセンスではありません。


名称   CC0

リリース 2009年

作成者  クリエイティブ・コモンズ

解説
パブリックドメインというものを自分から明示的に言いたい場合に使用する。
画像が用意されていてかっこいい。CC0_button(Wikipediaより引用)
>ライセンス(License)は文書、動画、音楽、写真など多様な作品を前提としている。
>ただし、ソフトウェアについては既に GPL などが存在することから特に対象としていないとしている。
上記のようなことがよくある質問に書いてある。(よくある質問を参照)
しかし、CC0については、ソースコードも対象としているので大丈夫。
フリーソフトウェア財団からも認識(GPLとかと併用していいよ)されている。

具体的な内容
作品の作者に自動的に付与されてきた著作権やその他の占有権を放棄する。CC0より


名称   WTFPL Version 2

意味   Do What The Fuck You Want To Public License

    どうとでも勝手にしやがれクソッタレ・公衆利用許諾(契約)書(Wikipediaより

リリース 2004年

作成者  サム・オセヴァール

解説
CC0がなかった時代だから生まれたライセンス?
フリーソフトウェア財団からも認識(GPLとかと併用していいよ)されている。

具体的な内容
ライセンス条文の英文はWikipediaを参照。
以下私が翻訳した文章(WTFPL Version 2

Everyone is permitted to copy and distribute verbatim or modified
copies of this license document, and changing it is allowed as long
as the name is changed.

このライセンス文章は、誰もがコピーして配ることができます。
名前を変更して頂ければ、コピーしたデータを変更することを許可します。

DO WHAT THE FUCK YOU WANT TO PUBLIC LICENSE
TERMS AND CONDITIONS FOR COPYING, DISTRIBUTION AND MODIFICATION

どうとでも勝手にしやがれクソッタレ・公衆利用許諾(契約)書
複製、頒布、変更に関する条項と条件

0. You just DO WHAT THE FUCK YOU WANT TO.

なし。勝手にしろ。


名称   NYSL Version 0.9982

意味   煮るなり焼くなり好きにしろライセンス

リリース 不明

作成者  稲葉 一浩

解説
日本の状況を考えたライセンス。日本語で書いてあるので分かりやすい。英語も存在する。
作成者が世界的な大企業Googleのソフトウェアエンジニアなので説得力がある。
ライセンスからGPLとかと併用してもいいことが分かるが、
フリーソフトウェア財団からは公式に認識されていないのもデメリット?
世界的には有名じゃないのがデメリット。

具体的な内容
ライセンス条項はCC0。
以下NYSLから

A. 本ソフトウェアは Everyone’sWare です。このソフトを手にした一人一人が、
ご自分の作ったものを扱うのと同じように、自由に利用することが出来ます。

A-1. フリーウェアです。作者からは使用料等を要求しません。
A-2. 有料無料や媒体の如何を問わず、自由に転載・再配布できます。
A-3. いかなる種類の 改変・他プログラムでの利用 を行っても構いません。
A-4. 変更したものや部分的に使用したものは、あなたのものになります。
公開する場合は、あなたの名前の下で行って下さい。

B. このソフトを利用することによって生じた損害等について、作者は
責任を負わないものとします。各自の責任においてご利用下さい。

C. 著作者人格権は ○○○○ に帰属します。著作権は放棄します。

D. 以上の3項は、ソース・実行バイナリの双方に適用されます。


名称   Unlicense

リリース 不明

作成者  The Unlicense

解説
クリエイティブ・コモンズは、元々ソフトウェアなどは対象としていなかった。(CC0は対象としている)
それらと違ってこちらは、ソフトウェア・ソースコード専用のライセンスである。

具体的な内容
以下私が上の方を翻訳した文章です。(The Unlicense
なお、文章の下の方には、配ったものについて責任を負わないことが書いてあります。

This is free and unencumbered software released into the public domain.
パブリックドメインを目指してリリースした、自由で無償なソフトウェアです。

Anyone is free to copy, modify, publish, use, compile, sell, or
distribute this software, either in source code form or as a compiled
binary, for any purpose, commercial or non-commercial, and by any
means.

誰もが、商業/非商用やそれ以外など、どのような目的であっても、
コピー、変更、公開、使用、コンパイル、販売、ディストリビュートにおいて、
ソースコードのまま、あるいはコンパイルされたバイナリ形式を配布してもいいです。

Written by なたで

2013年7月21日 at 17:22