なたで日記

いろいろな思ったこと書きますヽ(^▽^ゞ) by natade

Posts Tagged ‘ソフトウェア

指定した秒数で区切るツール Simple Wave Splitter

leave a comment »


Simple Wave Splitter

wavファイルを指定した秒数で区切るツールを公開しました。
JRE がインストールされた環境で利用できます。

デフォルトは、10秒+モノラルになっています。
sws_sc_1_1

使い方

1. 一番上の「ここにファイルをドラッグ&ドロップ」に、wavをドラッグ&ドロップします。うまくいくとファイル名が記入されます。
※wavファイルは、CD音質(44100Hz, 16bit, 2ch)がいいです。それ以外はテストしてません。
2. 「出力ファイル名」というのは、雰囲気が分かる人は設定してください。デフォルトのままでいいと思います。
3. 「区切りたい秒数」は単位は「秒」で秒数を指定してください。小数点も可能です。区切るときはこの秒数「以下」になります。
4. 出力ファイルはモノラルがいい方は、「出力ファイルをモノラル化」にチェック
5. 「カット開始」で、wavファイルがあるディレクトリに、カットされたファイルが作られます。

 

おまけとして、技術がたくさん詰まった素晴らしいプレイヤーで「試曲」ができます。

スーパーかっこいいビジュアライザーと、ハイクオリティなエフェクターを体感セヨ!
sws_sc_1_2

直接ダウンロード
他にこれまで作ったスバラシイソフトとかはこちら


裏話(技術ポイント)
・ビジュアライザーはソフトウェアレンダリングで実装してます!
・リバーブは反射音を自動作成後に、FFTで畳み込みの実装することで超高品質なリバーブを実現!

Written by なたで

2015年5月24日 at 20:52

カテゴリー: music, program

Tagged with , , ,

マップオンデマンドの地図更新でパスワードが入力できない

with 9 comments


車を購入時にカーナビとしてNSZT-W61Gを付けたのですが、
カーナビ購入してから3年間はマップ情報のバージョンアップが無料ということで、
バージョンアップをしようとしました。

バージョンアップ方法の流れ
1. 購入時についていた「マップオンデマンドセットアップディスク」のDVDでセットアップツールをインストール
2. GAZOO」を無料でユーザー登録(「TOYOTA Web Passport」と同一?)
追記「MOD専用G-BOOK ID」では数値のパスワード作れるらしく、本問題自体を解決できるようです!
下記の話はログイン、出来なかったときに書いたものなので無視していいと思います。
3. マップオンデマンドのサイトからログイン
4. 購入時についていた取説の一番後ろのページにある「G-BOOK用車載端末ID」を入力
5. マップをダウンロード
6. あとは、取説通りに進める

といった感じなのですが、重大な問題が発生します。
それは、「マップオンデマンドセットアップディスク」でインストールした
専用アプリケーションに問題がある点です。(恐らく新しいセットアップディスクだと問題は起きません)

マップオンデマンドのツールでは、
G-BOOKか、GAZOO のどちらかのユーザー情報をGUIで入力する必要があるのですが、
このパスワード入力欄が、数値しか受け付けてくれません。

マップオンデマンド」のサイトにはたしかに、

2013年06月11日
【販売店装着オプションでSDナビをご利用のお客様へ】TOYOTA Web PassportのID、パスワード(PW)をご利用の場合、パスワードを「数字のみ」で設定登録してください。SD地図更新アプリを利用する際、PW入力時にエラーメッセージが表示される場合があります(ログイン画面のPW欄が英数対応していないため)。PWを「英数」で設定登録された方は、「数字のみ」に変更し、SD地図更新アプリをご利用下さい。バージョンアップにて英数対応予定です(別途、ご案内します)。

とあるのですが、解決方法の「パスワードを「数字のみ」で設定登録」に関しては、
そもそもパスワードが数字と英字両方を含めないと登録できない制約があるため、不可能なのです。

password

そのため、バージョンアップを待つ必要があると思いますが、
どこでバージョンアップツールをダウンロードできるのか、ちょっとわかりませんでした。
恐らくG-BOOK様に連絡すれば、ダウンロードできるかもしれません。
トヨタ様のディーラーに聞いても、下記のサポートディスクへ聞かないとわからないとのことでした。

マップオンデマンド・サポートデスク
0561-57-6814. 受付時間 9:00∼18:00

更新期日があと1日しかなく聞く時間がなかったため、
結局聞いてはいないのですが、バージョンアップする方法が分かりました。
このツールのメニューバーのヘルプの「最新バージョンを確認」でバージョンアップしてください。
すると、恐らくツールがバージョンアップできるはずです。
新しいバージョンでは英数字が入力可能のため、バージョンアップ後は問題が発生しなくなります。

ただし、私自身後で気が付いたものなので、上の方法ではうまくいかないかもしれません。
「最新バージョンを確認」自体がログインしないとできないものかもしれないからです。


一応、私がとった方法を紹介します。解決方法の1つとしてみてください。
方法とは、パスワードの入力欄の設定の「数値しか受け付けない」を解除させます。

専門的な話になりますが、Windowsの表示は多くが共通の部品によってできています。
この共通の部品は使い方が公開されており、みんなが知ることができます。
今回は、文字の入力用の共通部品であるエディットボックスを使用しており、
このエディットボックスに「数値しか受け付けない」という設定がされているわけです。
共通部品なので、ほかのソフトからもその設定を設定したり、逆に解除することができます。
今回は、その設定を解除することを行います。

1. パスワード入力欄のウィンドウハンドルを調査
2. GetWindowLong でウィンドウハンドルから、スタイル(GWL_STYLE)を取得
3. ウィンドウ情報から ES_NUMBER (0x2000) をビットマスクで削除
4. SetWindowLong でスタイル(GWL_STYLE)を再設定

これで、パスワード入力欄に英数字を入力できるようになります。
ログインをすると、新しいツールの確認が始まり、
新しいマップオンデマンドツールのバージョンアップされます。

上の手順をHSPというプログラミングツールで実行ファイルにしたものです。

ソースコード
実行ファイル

すみません。DNSサーバーを切り替えた際に、設定がおかしくなってしまってアクセスできなくなってしまいました。
いったん、dropboxに置きましたので、なおるまで下記からダウンロードしてください。申し訳ございません。
https://www.dropbox.com/sh/uyr4hpjjefhs68l/AABtbEe6Ybw6g9vzEk0-g0p7a?dl=0

上記の実行ファイルを実行したときに何か発生しても責任をとることはできません。
自己責任でお願いします。

ウィンドウハンドルは、毎回異なるため、
WindowFromPoint でカーソル下のハンドルを取得可能する関数を使用しました。


追記
Yahoo知恵袋 「トヨタ純正カーナビで、データ更新をしようと思い、マップオンデマンドソフトを添…
fukushun1994様による解決方法の回答がありました。
MOD専用G-BOOK ID」というものをとるといいとのことです。


関連するブログ
MapOnDemandでちょいイラ‐(NSZT-W61G編)カッパっぱ、るっパッパ
ナビの地図データ更新&Gracenoteメディアデータベース更新*YOU*のページ

Written by なたで

2014年10月26日 at 19:24

カテゴリー: diary, memo, program

Tagged with , ,

プログラマにとって非常に緩いライセンスの紹介

with one comment


今日は、感染性しないフリー(誰もがどんな条件でも使える)なライセンス※を紹介します。
フリーソフトウェアライセンスではありません。


名称   CC0

リリース 2009年

作成者  クリエイティブ・コモンズ

解説
パブリックドメインというものを自分から明示的に言いたい場合に使用する。
画像が用意されていてかっこいい。CC0_button(Wikipediaより引用)
>ライセンス(License)は文書、動画、音楽、写真など多様な作品を前提としている。
>ただし、ソフトウェアについては既に GPL などが存在することから特に対象としていないとしている。
上記のようなことがよくある質問に書いてある。(よくある質問を参照)
しかし、CC0については、ソースコードも対象としているので大丈夫。
フリーソフトウェア財団からも認識(GPLとかと併用していいよ)されている。

具体的な内容
作品の作者に自動的に付与されてきた著作権やその他の占有権を放棄する。CC0より


名称   WTFPL Version 2

意味   Do What The Fuck You Want To Public License

    どうとでも勝手にしやがれクソッタレ・公衆利用許諾(契約)書(Wikipediaより

リリース 2004年

作成者  サム・オセヴァール

解説
CC0がなかった時代だから生まれたライセンス?
フリーソフトウェア財団からも認識(GPLとかと併用していいよ)されている。

具体的な内容
ライセンス条文の英文はWikipediaを参照。
以下私が翻訳した文章(WTFPL Version 2

Everyone is permitted to copy and distribute verbatim or modified
copies of this license document, and changing it is allowed as long
as the name is changed.

このライセンス文章は、誰もがコピーして配ることができます。
名前を変更して頂ければ、コピーしたデータを変更することを許可します。

DO WHAT THE FUCK YOU WANT TO PUBLIC LICENSE
TERMS AND CONDITIONS FOR COPYING, DISTRIBUTION AND MODIFICATION

どうとでも勝手にしやがれクソッタレ・公衆利用許諾(契約)書
複製、頒布、変更に関する条項と条件

0. You just DO WHAT THE FUCK YOU WANT TO.

なし。勝手にしろ。


名称   NYSL Version 0.9982

意味   煮るなり焼くなり好きにしろライセンス

リリース 不明

作成者  稲葉 一浩

解説
日本の状況を考えたライセンス。日本語で書いてあるので分かりやすい。英語も存在する。
作成者が世界的な大企業Googleのソフトウェアエンジニアなので説得力がある。
ライセンスからGPLとかと併用してもいいことが分かるが、
フリーソフトウェア財団からは公式に認識されていないのもデメリット?
世界的には有名じゃないのがデメリット。

具体的な内容
ライセンス条項はCC0。
以下NYSLから

A. 本ソフトウェアは Everyone’sWare です。このソフトを手にした一人一人が、
ご自分の作ったものを扱うのと同じように、自由に利用することが出来ます。

A-1. フリーウェアです。作者からは使用料等を要求しません。
A-2. 有料無料や媒体の如何を問わず、自由に転載・再配布できます。
A-3. いかなる種類の 改変・他プログラムでの利用 を行っても構いません。
A-4. 変更したものや部分的に使用したものは、あなたのものになります。
公開する場合は、あなたの名前の下で行って下さい。

B. このソフトを利用することによって生じた損害等について、作者は
責任を負わないものとします。各自の責任においてご利用下さい。

C. 著作者人格権は ○○○○ に帰属します。著作権は放棄します。

D. 以上の3項は、ソース・実行バイナリの双方に適用されます。


名称   Unlicense

リリース 不明

作成者  The Unlicense

解説
クリエイティブ・コモンズは、元々ソフトウェアなどは対象としていなかった。(CC0は対象としている)
それらと違ってこちらは、ソフトウェア・ソースコード専用のライセンスである。

具体的な内容
以下私が上の方を翻訳した文章です。(The Unlicense
なお、文章の下の方には、配ったものについて責任を負わないことが書いてあります。

This is free and unencumbered software released into the public domain.
パブリックドメインを目指してリリースした、自由で無償なソフトウェアです。

Anyone is free to copy, modify, publish, use, compile, sell, or
distribute this software, either in source code form or as a compiled
binary, for any purpose, commercial or non-commercial, and by any
means.

誰もが、商業/非商用やそれ以外など、どのような目的であっても、
コピー、変更、公開、使用、コンパイル、販売、ディストリビュートにおいて、
ソースコードのまま、あるいはコンパイルされたバイナリ形式を配布してもいいです。

Written by なたで

2013年7月21日 at 17:22

Google Chromeをインストールしたい!

with 2 comments


Google Chromeのインストールに失敗することがあります。

例えば通常、インストーラー「ChromeSetup.exe」を起動すると

  1. 初期化しています…
  2. インターネットに接続しています…
  3. Google Chrome をインストールしています…

の順番でダイアログが表示され、インストールが完了します。
しかし、2で止まったり(1で止まることもあるけど)することがあります。
3までいけば、多分止まりません。


1で止まる人用

以前インストールの途中で失敗していた場合になるようです。
Windows から Google Chrome を手動でアンインストールする
上記のサイトを参照して、一度綺麗にしてみましょう。


2で止まる人用

解決策1 「Winsock を修復する」
インストールが出来ない – Google 日本語入力 公式ヘルプフォーラム」より
http://www.google.com/support/forum/p/ime/thread?tid=0d738e761f7702ac&hl=ja

「スタートメニュー」
→「すべてのプログラム」
→「アクセサリ」
→「コマンド プロンプト」
の上で右クリックして、「管理者として実行(A)…」
「コマンド プロンプト」で「netsh winsock reset」と記入してエンター(再起動が必要)

解決策2 「プロキシの設定を色々なソフトで反映させるようにする」
プロキシの設定が必要な場合において有効です。

WindowsXPの場合は、コマンド プロンプトで「proxycfg -u」を実行してみてください。
上手くインストールが終わったら「proxycfg -d」で元の状態に戻しましょう。
IEのプロキシの設定を利用するようにする proxycfg -u
プロキシの設定を削除する proxycfg -d

Windows7では、「netsh winhttp import proxy source=ie」を実行することで設定できます。
「netsh winhttp reset proxy」でプロキシの設定を解除できます。

解決策3 「スタンド アロン版を利用する」
最終手段です。というかこれをやった方が速いのかもしれません。
スタンドアロン版は、インストール時にインターネットに繋げる必要がないインストーラーです。
プロキシの設定を考える必要はありません。
カメきちさんの「GoogleChromeをオフラインでインストールする方法」 より
http://tokuna.blog40.fc2.com/blog-entry-1858.html
通常のインストールを行えるサイト
(http://www.google.com/chrome/eula.html)
スタンド アロン版
(http://www.google.com/chrome/eula.html?standalone=1)


これらの方法を試せば、きっとインストール出来るはずです。
頑張って下のダイアログの表示にチャレンジしてみましょう!

ところで
「初期化しています…」と「インターネットに接続しています…」
はCPU使用率が0%の状態で5分ぐらい時間がかかることがあります。
案外止まってない可能性もありますので、気長に。

Written by なたで

2011年4月21日 at 16:05

カテゴリー: memo

Tagged with

ソフトの配布形式について

leave a comment »


様々なソフトの配布形式がありますが、
その一部の配布方法の、利用者と製作者の立場での長所と短所をまとめました。
なんか作ったときの参考のためと、利用者・製作者の立場の認識のために。
長所で、短所です。
フリーウェア
– 説明
利用者は、無料でそのソフトウェアを使用することが出来る。
– 利用者
無料で使用することが出来る
サポートがない場合が多い(説明書が適当など)
開発能率を望めない
– 製作者
製品の品質を何も意識せずに公開することが出来る。
お金の受け渡しの経路を考えなくてすむ。
全くサポートを考えなくてもいいという考え方が出来る。
シェアウェアより多くダウンロードしてもらえて嬉しい。
フリーウェアが多すぎると利用者としては無料で仕えることが当たり前という感覚になる。
他の配布形式より最もモチベーションを維持する能力が必要である。
– 総合
●●●●●●●●●

シェアウェア
– 説明
利用者は、お金を払わないとそのソフトウェアを使用することが全く出来ない。
– 利用者
品質が高いというイメージがあり、その通りのことが多い。
機能が豊富。
商品なので説明が丁寧で使い勝手もいい。初心者には便利。
使用しないと使い勝手が分からない。
お金を払う必要がある。
お金を払う時に面倒である。
– 製作者
お金をもらうことができる。
モチベーションが上がる。
お金の受け渡しの経路を考えなくてはいけない。
サポートをしてほしいという考え方が多い。
フリーウェアより使用者が少ない。
製品の品質を高めなくてはいけない。
– 総合
●●●●●●●●●●●●

制限付きシェアウェア
– 説明
利用者は、お金を払えば、そのソフトウェアを全ての機能をずっと使用することが出来る。
– 利用者
シェアウェアは品質が高いというイメージがあり、その通りのことが多い。
機能が豊富。
商品なので説明が丁寧で使い勝手もいい。初心者には便利。
お金を払う前に使い勝手が分かる。
機能制限のまま品質が高いソフトを使用できる。
お金を払う必要がある。
お金を払う時に面倒である。
– 製作者
お金をもらうことができる。
モチベーションが上がる。
サポートはシェアウェアより考えなくて良い。
お金の受け渡しの経路を考えなくてはいけない。
機能制限のままソフトを使用される可能性がある。
製品の品質を高めなくてはいけない。
– 総合
●●●●●●●●●●●●●

制限無しシェアウェア
– 説明
利用者は、無料でそのソフトウェアを使用することが出来るが、使用を続ける場合はお金を払う必要がある。
– 利用者
お金を払わなくても利用できる。
品質が高い。
お金を払う必要がある。
お金を払う時に面倒である。
– 製作者
お金をもらうことができる。
モチベーションが上がる。
サポートはシェアウェアより考えなくて良い。
製品の品質を特に意識せずに公開することが出来る。
他のシェアウェアより多くダウンロードしてもらえて嬉しい。
お金の受け渡しの経路を考えなくてはいけない。
お金を払わずにソフトを使用される可能性がある。
– 総合
●●●●●●●●●●●

– 説明
利用者は、無料でそのソフトウェアを使用することが出来る。
ソフトウェアに利用価値がある場合、任意で作者にお金を払うことが出来る。
→制限無しシェアウェアよりフリーウェアに近い感じ。日本ではカンパウェアとも呼ばれる。
– 利用者
無料で使用できる。
品質が高い場合が多い。
お金を払う場合は面倒
– 製作者
お金をもらうことができる。
モチベーションが上がる。
製品の品質を特に意識せずに公開することが出来る。
フリーウェアと同じように多くダウンロードしてもらえて嬉しい。
お金が手に入ることを期待しないという考え方
お金の受け渡しの経路を考えなくてはいけない。
– 総合
●●●●●●●●

メールウェア・登録型
– 説明
利用者は、作者にメールを送ることでソフトウェアを使用することが出来る。
– 利用者
無料で使用することが出来る。
品質が高い場合が多い。
メールを送る・登録するのが面倒である
– 製作者
フリーウェアよりモチベーションが上がる
特殊なので利用者が減る
登録型の場合は別途システムの構築が必要。
– 総合
●●●●●●

【vector:JWordアフィリエイトプログラム
– 説明
利用者は、ソフトに付属したJWordをインストールする必要がある。
だが、インストールしなくても使えるソフトも多い。
新規インストールした場合は作者に10円の報酬がある。
– 利用者
お金を払わずに使用することが出来る。
品質が高い場合が多い。
日本語検索ができる。(初心者)
JWordがインストールされるのは困る(初心者以外)
JWordを利用すると、検索結果にお金のWeightが加わるので期待できない。
JWordを利用すると、検索結果の情報を送るのでなんとなく不安。
– 製作者
お金をもらうことができる。
モチベーションが上がる。
製品の品質を特に意識せずに公開することが出来る。
フリーウェアと同じようにダウンロードしてもらえて嬉しい。
評判が悪くなり、ダウンロード数が減る可能性がある。
リスクが非常に高い。
評判が悪くなり、モチベーションが下がる。
新規インストールという条件は厳しい(初心者が買うメーカー製にはプリインストールされている)
お金をもらえることに期待できない。
登録が面倒。
– 総合
●●●●●●●●●●●●●●●●

【vector:オプトメディア
– 説明
利用者は、ソフトに付属したオプトメディアをインストールする必要がある。
新規インストールした場合は作者に10円~30円+αの報酬がある。
– 利用者
お金を払わずに使用することが出来る。
品質が高い場合が多い。
広告が表示されてしまう。
見ているURLがばれるのでなんとなく不安感がある。
動作が安定していない。
– 製作者
お金をもらうことができる。
モチベーションが上がる。
製品の品質を特に意識せずに公開することが出来る。
フリーウェアと同じようにダウンロードしてもらえて嬉しい。
JWordと違いプリインストールされていることはないので新規インストールが望める。
評判が悪くなり、ダウンロード数が減る可能性がある。
リスクが非常に高い。
評判が悪くなり、モチベーションが下がる。
登録が面倒。
– 総合
●●●●●●●●●●●●●●

アフィリエイト
– 説明
見た目はフリーウェアだが、ダウンロードサイトに広告をつけるタイプ。
– 利用者

無料で使用することが出来る
お金を払いたい場合に、広告をクリックして何かを買えばいい。

– 製作者

モチベーションが上がる。
製品の品質を特に意識せずに公開することが出来る。
フリーウェアと同じようにダウンロードしてもらえて嬉しい。

全くサポートを考えなくてもいいという考え方が出来る。

お金が手に入ることを期待しないという考え方
blogと違い毎日見に来る人はいないので期待はブログより出来ない。
登録が面倒。
フリーウェアが多すぎると利用者としては無料で仕えることが当たり前という感覚になる。
– 総合
●●●●●●●●●

Written by なたで

2008年11月23日 at 20:33

カテゴリー: copyright

Tagged with , ,

車両の再開発

leave a comment »


オレンジビューアの展示の際に、
車輪の再開発という意見がありました。

正直、画像処理は去年でほとんど完成していたので、
たしかにJavaで再開発というのはそう言われても仕方がない。

まあそうなのですが、自分としては限られた条件っていうのが、
やる気が出る一番の要素だったりする。

DirectX、OpenGLにJava3Dと
3D関係のライブラリは沢山あるけれど、
1から作ってみたいというのが本音。

HSPでプログラミングというのも、
限られた命令セットというのが燃える。
え?こんなのも作れるんだ!
というのをみんなに見せたい。うん。

あと純粋、自分オリジナルのライブラリを充実させたい。
いつか3Dと音声と物理のライブラリを作って、
メガデモを作ってみたい。

Written by なたで

2008年11月7日 at 08:31

カテゴリー: diary

Tagged with ,