サービス

HTC Vive と PSVR を体験してきました!

投稿日: 更新日:


先々月から Oculus Rift CV1 が届き、すでに色々と VR 体験しているのですが、
今回はさらに、HTC VivePSVR を体験してきました!

そこで体験したことについてレビューしたいと思います!
……ただし、VR体験はネタバレすると驚きがなくなるので、いつも通りやんわり解説します。

HTC Vive は、お台場ダイバーシティで開催中の「VR ZONE Project i Can ※1」
PSVR は、同じくお台場の東京ジョイポリスで開催中の「PlayStation®VR 特別体験会 ※2」です!
先に、VR ZONE で Vive 体験してから、東京ジョイポリスで PSVR 体験へ行ってきました。

※1 2016/4/15 ~ 2016/10 中旬 まで開催
※1 2016/6/1 ~ 2016/6/30 まで開催…本記事を書いている現在すでに終了しています……。


VR ZONE

先ほどお伝えしたように、VR ZONE という場所で体験してきました。
ここは事前予約制となっております。平日であれば数日前でも予約できる可能性があります。

午前10時から11時30分までの部に参加してきました

VR_IMG_3750

中に入ると、バナコインのカードを作る必要があります。
カードを購入してチャージします!

VR_IMG_3753

ところで、先に説明しますが、今回体験した HTC Vive なのですが、
VR用のHMDとはいっても、それ以外にすべて振動する椅子や、
VR用のボードなどほかのVRアイテムとを合わせた体験となります……。
なので、Vive 自体の体験というよりは、それ以外のシステムを合わせた体験となります!

まずはアトラクション自体の解説をして、記事の最後にHTC Vive の感想を書きます。


高所恐怖SHOW

真っ先に体験したアトラクションです。

VR_IMG_3758

HMD以外に、VR手袋とVRシューズを装着します。
これをつけることで、VR空間内に自分の手と足が表示されるようになります。

詳しい内容に関してですが、やはりネタバレにつながりやすいのでいいません。
写真にある通りなのですが、カイジのようにビルの上にある細い板を歩きます。

ビルの上からスタートということではなく、入口からスタートすることで、
自分の体がだんだんと上に登っていき、より没入感を味わえる仕組みとなっていました。
かなり怖く、ふらふらしてしまいましたが、かなり楽しめました。

私はVR酔いしやすい体質ですが、このゲームについては全くVR酔いはしませんでした。
このアトラクションはコントローラなしのアトラクションであり、
全て自分で行動するというスタイルなのです。
自分から歩いたり行動することで、リアルとVR空間がマッチして酔わないのかなと思われます。


脱出病棟Ω

次はこれ!

VR_IMG_3761

このゲームは2~4人用のゲームとなります。

VR_IMG_3763

このボックスの中に2つ椅子があり、ボックス自体は2台あります。(2×2で4人まで同時プレイ)
で、これなのですが、みんな叫び声をあげていて、
他のアトラクションとは異質な雰囲気をかもしだしていました。

体験するときは、一人では体験できないため隣にいた方と一緒にプレイ!
で、内容ですがこれもネタバレになるため深くは言えませんが、
上の写真にあったように、ヤバい病院内を車椅子に座って進むという謎の設定となります。
ホラーはホラーなのですが、スプラッタ表現やビックリ表現もあるので注意が必要。

ゲームとしては、コントローラーがあり、前へ行くか後ろへ進むかとなります。
また、頭の向きによってボタンを選択したりするのもありますが、極力操作の種類を抑えた感じです。
シンプルな操作感は、とてもよいです!

前と後ろしか行かないので、決められたレールを進むわけになるのですが、
固定レールは曲がったりすることもあるので、少し酔いそうなときもありました。
でも、本当に少し酔ったぐらいで、ふらふらする感じにはなりませんので、大丈夫です!
リアルの椅子が、VR内とマッチしているのが酔いにくい設計の秘訣なんでしょうね。

1つのボックス内で二人で近距離でプレイするのですが、Vive は干渉しやすいと
聞いたことがあったので、その点、うまーくやっているなと思いました。
このアトラクションは、ルームスケールではないので実は干渉しにくいなど、
何かしらテクニックがあるのでしょうね。


ARGYLE SHIFT アーガイル シフト

つぎはこれ……!

当初はやる予定はなかったのですが、
世界観やシナリオは「攻殻機動隊」シリーズのProduction I.Gということだったので

VR_IMG_3766

こんな感じで、4つ椅子が並んでます。

VR_IMG_3767

椅子には、ロボット操作できそうなコントローラもあります!

VR_IMG_3768

ストーリーは、ロボットのパイロットとなること。
しかも、なんと最高にかわいい萌えアシスタント付き!

私は、ガンダムとかロボット物が正直苦手で、あんまり興味もなかったのですが、
これは、全然違う!プレイしてほんとに楽しかったです!

椅子とコントローラという点で、脱出病棟と似ていますが、体験が全く違います。
空をスーッというロボットに乗って飛べるあの感覚を味わえるのです。
アシスタントがしゃべりかけてくるという点で大好きなスターフォックス64に似ています。

とにかく、他のアトラクションはリアルでもやろうと思えばできそうなアトラクションですが、
これはロボットという絶対不可能なSF要素を体験できるので

ぜひ体験するべきです!

私が今回体験した中で、一番よかったものでした!


SKI RODEO

最後はこれです。
時間的に、並んだりすると4つぐらい体験できると思います。

VR_IMG_3772

このように、床にスキー用の板と、前に扇風機があります。

VR_IMG_3775

内容ですが、かなりリアルです。
自分のはいた息が、白く見えるのもまた没入感がでます。
速度を上げると前から風がきますし、
ジャンプすれば、ジャンプしている間だけ床のボードが振動しないので、
本当に空中に浮いているような体験ができます。

全体の内容としては、スキーでコースを滑っていくのですが、
かなり難易度が高いと思いました。

ただ、何回かプレイすれば、おそらくトラブルなく滑れるようになり、
爽快感とかがでるのではとおもいました。

ちなみに、これは少し酔いました。
かなりの速度で滑走するので、VR酔いというよりは、
画面内の情報量が多いことによる酔い方のような感じでした。

VR体験を立て続けに体験したり、
何度も転落したのも、酔ってしまった原因かもしれませんが。

とりあえず、これでVR ZONE での体験話が終わりです。記事の最後にVR自体の感想があります。


PSVR 特別体験会

予約は不必要で、無料で体験できます。
東京ジョイポリス内にあるため、入場券を買って入る必要があります。

VR_IMG_3778

3階に行くとブースがありました。
VR_IMG_3792

ここでは、3種類のゲームが体験できます。

・THE PLAYROOM VR
・The London Heist (仮)
・The Deep (仮)

今回、私は The Deep (仮) を体験してきました。

「THE PLAYROOM VR」に関しては、1人がPSVRをつけてボスを演じて、
3人がボスを倒すというもので、PSVRをつけることができない可能性があったため。

「The London Heist (仮)」は、単純に3時間待ちぐらいだったので諦めました。


The Deep (仮)

VR_IMG_3791

家庭用ゲーム機で発売するソフトだと思われるため、
VR ZONE のようなVR用HMD以外の装置というものはありません。
上の写真では、テレビもありますが、HMDを被っているので見ていません。
テレビの上のセンサが、おそらく頭の位置などを調査していると思われます。

立つか椅子に座って遊べるゲーム。今回は椅子に座って体験。
ゲームの内容としては、深海に潜っていき、綺麗な魚や深海に落ちているものを見たりする感じです。
詳しい内容はネタバレに繋がるので、これ以上は説明しません……!

……VRZONEの体験の後からか、すこし地味な写真となってしまった。


HMDの感想

おまちかねの感想です。

HTC Vive

付け心地、映像の質や、画面の広さは Oculus Rift CV1とそんなに変わらない印象でした。
Oculus Rift は鼻の部分から、外の光が漏れやすいというデメリット(外を確認できるメリット)が
あり、Vive は漏れないと聞いていたのですが、これもわずかですが漏れていました。
ただ、どちらにしてもゲーム中は夢中になり、特に気になる感じはありませんでした。
明るいゲームが多かったので、外が明るくても気にならないのもあったかもしれません。

HTC Vive といえば、Oculus Rift と違ってルームスケールが体験できるというものなのですが、
今回でいえば、高所恐怖SHOWが、HTC Vive の本領発揮という感じでした。
自分で歩いて、世界を動き回れるのはやはりタノシイ。
ただ、高所恐怖SHOWについては、係員がついており、右回りや左回りを指定していたので、
ぐるぐる回ると当たり前ですが、パソコンからの線が絡まったりする問題があるのでしょうね。
無線の低レンテンシHMDとか、そういうのがいつか発売するといいですね。

欠点としては、結構重たいです。
ちょっとソースは見つかりませんでしたが、おそらく、ヘッドホン付きのCV1より、
ヘッドホンなしのViveの時点で、Viveのほうが重たいのでは、と思いました。
さらにヘッドホンをつけるので、よりズッシリときます。
VR自体がかなり目に負担がかかるので、長くプレイするということはないとは思いますが、
長時間プレイし続けるのは、ややきついのではと思いました。

PSVR

CV1とViveを体験しましたが、PSVRは付け心地が別次元で素晴らしいです。
CV1とViveに関しては、目を覆う部分が光を通さないのと、しめつけの2つを兼ねているのに対して、
PSVRは、おでこを使って締め付けをして、光を通さないために目を覆う部分を覆っているのが大きいです。
本当にゴーグルを付けているのかな?という感覚でした。

映像に関してですが、これは聞いてはいたのですが、素晴らしかったです。
というのも、まったく液晶のドット特有の線がないからです。
液晶とか虫眼鏡で拡大すると分かるように、CV1とViveはドットとドットの間に線がでるのですが、
PSVRは、全く線が見えなかったので、本当に画面を見ているという感覚がありませんでした。

欠点ですが、重さ的にはCV1と恐らく変わらない感じなのでしたが、
Viveと同様にヘッドホンをつける必要があるという点はやはり面倒です。
ヘッドホンとHMDを合計すると、CV1より重たくなります。

他にはドットが見えないことによって、全体がぼやけた感じがする問題です。
CV1/Viveに比べて、解像度が低いのもあるかとは思いますが、
全くドットごとの線が見えないために、逆に全体がぼやけて感じる印象がありました。
ドットが見えていれば、ドットごとではくっきりしてるので、ぼやけた印象にはならないと思います。
例えるなら水中ゴーグルに、細かい傷をつけて、目にはめているという感じです。


……以上!

余談

今回、VR ZONEでは、バナポイントを使ってアトラクションを体験できるのですが、
VR体験終了時に余っていたポイントは現金に戻せません。
ということで、今回は、余ったポイントで VR ZONE で売っている
VR用HMDの目を覆うのを買いました。

↓VR ZONE 入場時にもらえるものは、紙の素材で破けるタイプなのですが、
VR_IMG_3825

↓買ったものは、使い捨て用とはいってもやや丈夫な素材でした。
VR_IMG_3826

もし、家にVR用のHMDがある方は、友達が来た時のために
買っておくといいかもしれませんね。


関連記事

Oculus CV1 で今までプレイしたソフトの感想

OculusRift CV1 が届いた(予約~FedEx配送~セットアップ)

セカンドライフの土地維持費

投稿日: 更新日:


セカンドライフをやっていると、自分の土地が欲しくなってくると思います。土地があると、自分の場所でのんびり制作できたり、人を呼んで話したり色々なことができるわけです。

土地を手に入れるためには2つ方法があります
・土地をレンタルする
・土地を購入する

このうち「土地を購入する」では、まず有料のプレミアム会員になることが必須となります。

プレミアム会員になるためには、月払い、3か月払い、1年払いのどれかでお金を払う必要があります。会員になると、512平方メートルの土地利用権利(土地 Tier)と、毎週リンデンドルでお小遣いがもらえます。512平方メートルはあくまで土地利用権利なので、最初に土地を購入する必要はあります。ただ、リンデンホームというシステムでリンデンが用意した家付きの土地を無料で手に入れることもできます。

512平方メートルでは飽き足らない場合は、土地維持費をより払うことで、より多くの土地 Tier を持つことが可能となります。

下記の表は、土地の使用許可を増やした場合で、1か月あたりにかかる料金と、その使用可能な土地の対応表となります。
t2_S
512平方メートル利用権利はプレミアム会員のため、最初から持っていることに注意してください。また、700平方メートルという中途半端な土地を持っている場合は切り上げで、1024平方メートルの合計土地使用料を払う必要があります。

下記は月払いと、その土地の利用可能サイズを対数グラフにしたものです。
t3_S
グラフを見ると分かるように、線が直線ではありません。つまり、5ドル追加で払って、1024平方メートル利用するより、8ドル追加で払って、1536平方メートル利用した方が、値段/土地的にはお得となります。もちろんそんな広くなくてもいいという方は5ドル追加でもいいと思います。

初めて買う場合は、「初めて土地を所有する方へのよくある質問集」がおすすめです。

iPod touchで母艦の引越し作業

投稿日: 更新日:


メインのHDDの調子が悪いので、HDDだけ取り返しました。
もちろんWindowsも入れなおしになったのですが、これは何回も経験してるので問題はありませんでした。

問題だったのは、いつも使っている「iPod touch」です。
iPodは母艦を1つのPCにしか設定できません。
もし、新しいOSで、iPodを同期しようすると、iTunesに入っているデータで同期されてしまいます。
iTunesをWindowsのクリーンインストール後にインストールすると、
プレイリスト・楽曲データ・アプリケーションなどが入っていません。
つまり、この状態で同期すると、iPod touchの中もファイルもiTunesのデータに同期してしまい、空になってしまいます。

ではどうすればいいのか。
以前のHDDに入っているiTunesのデータを、新しいドライブでインストールしたiTunesに移せばいいのです。
今回どうやったか手順をメモしておきたいと思います。

前PCで行うこと
1. iPod touchを同期しておく。
2. 楽曲データはフォルダで管理していたので、フォルダの構造そのまま、どこかにバックアップ。
3. 元HDDのiTunesの「ファイル(F)」の「ライブラリ(B)」の「ライブラリをエクスポート(X)…」で、プレイリスト情報などのxmlファイルを吐き出す。
(もしかしたら、「プレイリストをエクスポート(O)…」でもいいのかもしれませんが、今回はやっていないので書きません)
4.「C:\Users\***\Music\iTunes\iTunes Media\Mobile Applications\」をバックアップ

新PCで行うこと
1. 今回はバックアップした音楽のデータのパス、新PCでは変わってので「プレイリスト情報」のxmlファイルが使用できない。
そこで、xmlファイルをnotepad++(メモ帳だとすごい時間かかる)などで読み込んで、
<key>Location</key><string>file://localhost/****</string> の部分だけを新しいパスに置換する。
2. iTunesに自分のIDでログイン。
3.「ファイル(F)」の「ライブラリ(B)」の「プレイリストのインポート(I)」で、xmlファイルを読み込む。
この時点で、音楽は元に戻る。
あとは、Appの戻し方。
4.「Mobile Applications」のバックアップを元に戻す。(Music\iTunes\iTunes Media\Mobile Applications\へ)
5.左側の「STORE」の「iTunes Store」。上の家のマークのボタン押して、「購入済み」をクリック・
6.これまで自分が購入したアプリがずらって出てくるので、軽いやつを1つクリックしてダウンロードする。
7.左側の「ライブラリ」に「App」の欄が増えているので、ここをクリック。
8.右側のスペースに、先ほどの「Mobile Applications」の中のipaファイルをドラッグ&ドロップすると追加される。
これでアプリケーションも戻る。

あとは、iPod touchで母艦を移動させて、音楽とアプリケーションの同期をするとたぶん大丈夫。
iPod touchに入っているアプリと、iTunesに入っているアプリが一致すれば、
iPod touchの中のアプリの保存データは消えないはず。

「このコンピューターを認証」で認証も移動させないといけないようなのですが、
今回は、なんかすでに認証されていたようでした。
「このコンピュータはすでに承認済みです。」ってでた。
たぶんPCについているハードウェア構成がほぼ変わっていなかったから同一PCだとみなしたのかな。


音楽のバックアップ方法として、「ライブラリの整理(L)…」を用いた方法もあります。
iTunesの「ファイル(F)」の「ライブラリ(B)」の「ライブラリの整理(L)…」をすると、
これまで、いろいろなパスで音楽を登録していたものが、
「C:\Users\***\Music\iTunes\iTunes Media\Music\」の中へ移動します。

名前の付け方として
「C:\Users\***\Music\iTunes\iTunes Media\Music\アルバムアーティスト\アルバム\トラック番号 タイトル.xxx」
で移動してしまうため、アルバム単位で管理していると、ばらばらになって混乱します。
ファイル名も、元のファイル名じゃなくて、「2ケタのトラック番号 タイトル」と、半角スペースを使用した規則になってしまいます。

というわけで、これまでのデータ(パスの位置)を使用したければ、「ライブラリの整理(L)…」を用いないほうがいいと思います。
一度、「ライブラリの整理(L)…」を行ってしまうと、iTunesのプレイリストのパスも、
このMusic内のデータのパスに置き換わってしまうので注意してください。元に戻せなくなります。

第1回涙目ニュース速報スレッド調査

投稿日: 更新日:


前々から一度やってみたかったニュース速報の第1回スレッド調査をします。
この調査は、個人的にやっており正式なものではありません。


方法

2ちゃんねるの『涙目ニュース速報@2ch掲示板 2ちゃんねる壊滅、元に戻るのは・・・二年かかる』板の
スレッドを取得して、上位100スレッドに対して下記の項目に当てはまるか調べます。
それぞれの項目が当てはまったので悪いとかそういうのが目的ではありません。
知らない人は少ないと思いますが、2ちゃんねるとは日本最大規模の掲示板です。
ほとんどの板で、匿名希望で書き込みされており、匿名が暗に推奨されている特徴を持っています。


項目リスト

タイトル不一致
ソースと全く関係ない内容のタイトル
タイトル嘘
ソースに書かれていない内容
タイトル煽り
タイトルに煽りを入れている
韓国
韓国関係のニュース
中国
中国関係のニュース
日本社会
日本のニュース
コンピュータ
コンピュータ関係のニュース
ゲーム
ゲーム関係のニュース
事故
事故関係のニュース
犯罪
犯罪関係のニュース
アンケート
意見を求めることが目的であることが
あからさまにスレッドタイトルに現れている
ポジティブ
主観的になんか明るくなるニュース
カウント中によく分からなくなった
ネガティブ
主観的に暗いニュース
カウント中によく分からなくなった

.

正直一回目ということで色々項目を考えましたが、
調べていくうちに、これかぶってね?
みたいな項目があったので、それほどまで厳重に調査していません。

例えばアンケートスレッドは、意見を求めることが目的ですが、
「タイトル煽り」も意見を求めることが目的なのでかぶっているといえばかぶっています。

また、実際のソースに「ポジティブ」などの話があったとしても「タイトル不一致」の場合
タイトルはスレッドのお題なので、「ポジティブ」にカウントしてません。
タイトルがポジティブならカウントしますが。

あと、カウント中、「タイトル不一致」と「タイトル嘘」の線引きがよくわからなくなった。
ソースに全く書いていなくて、ソースと関連なくてニュースとも関連ない場合とかは
両方チェックがある場合があります。まあここは主観なので、
今度やるなら、もうちょっと定義をしっかりしたいです。


結果

エクセルデータ(*.tsv)

韓国が多いと思ったのですが、以外に少なかったです。
書き込みでは韓国などにからめるのが多い印象があるので、レス調査もいつかやってみたいです。

ゲーム関連が少なかったのも意外でした。
調査時期にもよると思いますが。
以前はよくゲームのハードのスレッドが立っていた記憶があります。

タイトルに煽りをいれるのはやはり多かったです。
週刊誌のタイトルも煽りを入れないと売れないように、
煽りを入れないとスレッドが盛り上がらないのでしょうがないとも言えます。

スレッド伸び率と、上の項目との相関係数とかも面白そうですね。
ただ伸び率といっても、時間帯によって変わってくるし現実は難しそうです。

タイトルに嘘や不一致は5スレッドに2つぐらいは含まれているようです。
タイトルは、スレッドの主題を決めるものなので、ここは注意したいところです。

項目によっては主観的に決めるのも多かったので、
どのように決めたか気になる方もいると思います。
用意したタブ区切りのデータで自由に検証して下さい。

コメントについて

投稿日: 更新日:


今まで、何人かの人にコメントしていただいてありがとうございます。
コメントは滅多にもらうことがないのでとても嬉しいです。

これまで、匿名希望の方からのコメントは怖いので禁止したい思い、
「名前とメールアドレスの入力を必須にする」のオプションにしていました。
しかし、名前だけでなくメールアドレスも必須になってしまいました。
コメントを貰って承認したいのですが、
メールアドレスがもし公開されてしまったらどうしようと悩み
承認が出来ない状況が続いていました。
そのため、返信は主にメールアドレスに直接送っていました。
また、ペンネームではなく本名っぽい人もいるので、承認していいものか悩んでいました。

本日テストしたところ、どうやらメールアドレスを記入したコメントを承認しても、
メールアドレスが公開されることはないということが分かりました。
そこで、とりあえず今までのを全て承認を行いました。

また記入するのも怖いと思う方多いと思うので、
「名前とメールアドレスの入力を必須にする」は解除しました。
今後とも宜しくお願い致します。

ニコニコ動画でNGワード

投稿日: 更新日:


今回は、ニコニコ動画についての必須なNGワードを紹介します。
ニコニコ動画では一般会員の場合、40個までしか設定できないので選定する必要があります。
コメントの質重視で。

全27種類 last update 2011/03/30

関連記事
→ 2ちゃんねるでNGワード


NGコメント (以下の23種類)
@(全角)
@(半角)
から












つま
チー
倍速
(半角スペース)
(全角スペース)
/
NG
[


NGコマンド (以下の4種類)
shita
red
cyan
big

wordpress

投稿日: 更新日:


12月から更新できなくなり、3月までにはなくなると聞き
wordpress へとりあえず移行手続きを行いました。
機能は多分こちらのほうが上のようです。(タグを複数付けられたり)
これからどうなるかちょっと分かりません><

とりあえず、twitterの方をひとことつぶやきで、
こちらは、ちょっと長々したのを書くというふうにしておこうかな。
今は、ちょっと就活中でなかなか書けないですが、

これからも1ヶ月に1回以上は適当でもいいから何か書きこもうと思います。
いやまだ未定ですが。はい。


追記なんですが、これカテゴリーとタグの2種類があるんだね。
今まで、Windows Live スペース だとカテゴリ・タグの切り替えがなかったし、1つしか選べなかった。
投稿タグ、今まで投稿したブログを変更するのどうしよう。結構手間かかるし。

あと、フォント変更するにはcssをいじるしか方法ないみたい。
問題は、cssの編集というのがサービスになっていて有料だという点。
このページによると、1年あたり$14.97だそうです。(1200円ぐらい?)
さくらサーバー(1Gバイトプラン)の1年、1500円ぐらいに匹敵するぐらいじゃないか。


2011年3月29日追記。
ようやくなれてきました。
タグを付けしたり、画像の移行ができてないのを修正したり、色々してますがまだ全部完了してません。
フォントの件なのですが、ゴシック系を使いたいということで、テーマを変更することで対処してみました。
タグがクラウドになるのは面白い。