なたで日記

いろいろな思ったこと書きますヽ(^▽^ゞ) by natade

HTC Vive と PSVR を体験してきました!

leave a comment »


先々月から Oculus Rift CV1 が届き、すでに色々と VR 体験しているのですが、
今回はさらに、HTC VivePSVR を体験してきました!

そこで体験したことについてレビューしたいと思います!
……ただし、VR体験はネタバレすると驚きがなくなるので、いつも通りやんわり解説します。

HTC Vive は、お台場ダイバーシティで開催中の「VR ZONE Project i Can ※1」
PSVR は、同じくお台場の東京ジョイポリスで開催中の「PlayStation®VR 特別体験会 ※2」です!
先に、VR ZONE で Vive 体験してから、東京ジョイポリスで PSVR 体験へ行ってきました。

※1 2016/4/15 ~ 2016/10 中旬 まで開催
※1 2016/6/1 ~ 2016/6/30 まで開催…本記事を書いている現在すでに終了しています……。


VR ZONE

先ほどお伝えしたように、VR ZONE という場所で体験してきました。
ここは事前予約制となっております。平日であれば数日前でも予約できる可能性があります。

午前10時から11時30分までの部に参加してきました

VR_IMG_3750

中に入ると、バナコインのカードを作る必要があります。
カードを購入してチャージします!

VR_IMG_3753

ところで、先に説明しますが、今回体験した HTC Vive なのですが、
VR用のHMDとはいっても、それ以外にすべて振動する椅子や、
VR用のボードなどほかのVRアイテムとを合わせた体験となります……。
なので、Vive 自体の体験というよりは、それ以外のシステムを合わせた体験となります!

まずはアトラクション自体の解説をして、記事の最後にHTC Vive の感想を書きます。


高所恐怖SHOW

真っ先に体験したアトラクションです。

VR_IMG_3758

HMD以外に、VR手袋とVRシューズを装着します。
これをつけることで、VR空間内に自分の手と足が表示されるようになります。

詳しい内容に関してですが、やはりネタバレにつながりやすいのでいいません。
写真にある通りなのですが、カイジのようにビルの上にある細い板を歩きます。

ビルの上からスタートということではなく、入口からスタートすることで、
自分の体がだんだんと上に登っていき、より没入感を味わえる仕組みとなっていました。
かなり怖く、ふらふらしてしまいましたが、かなり楽しめました。

私はVR酔いしやすい体質ですが、このゲームについては全くVR酔いはしませんでした。
このアトラクションはコントローラなしのアトラクションであり、
全て自分で行動するというスタイルなのです。
自分から歩いたり行動することで、リアルとVR空間がマッチして酔わないのかなと思われます。


脱出病棟Ω

次はこれ!

VR_IMG_3761

このゲームは2~4人用のゲームとなります。

VR_IMG_3763

このボックスの中に2つ椅子があり、ボックス自体は2台あります。(2×2で4人まで同時プレイ)
で、これなのですが、みんな叫び声をあげていて、
他のアトラクションとは異質な雰囲気をかもしだしていました。

体験するときは、一人では体験できないため隣にいた方と一緒にプレイ!
で、内容ですがこれもネタバレになるため深くは言えませんが、
上の写真にあったように、ヤバい病院内を車椅子に座って進むという謎の設定となります。
ホラーはホラーなのですが、スプラッタ表現やビックリ表現もあるので注意が必要。

ゲームとしては、コントローラーがあり、前へ行くか後ろへ進むかとなります。
また、頭の向きによってボタンを選択したりするのもありますが、極力操作の種類を抑えた感じです。
シンプルな操作感は、とてもよいです!

前と後ろしか行かないので、決められたレールを進むわけになるのですが、
固定レールは曲がったりすることもあるので、少し酔いそうなときもありました。
でも、本当に少し酔ったぐらいで、ふらふらする感じにはなりませんので、大丈夫です!
リアルの椅子が、VR内とマッチしているのが酔いにくい設計の秘訣なんでしょうね。

1つのボックス内で二人で近距離でプレイするのですが、Vive は干渉しやすいと
聞いたことがあったので、その点、うまーくやっているなと思いました。
このアトラクションは、ルームスケールではないので実は干渉しにくいなど、
何かしらテクニックがあるのでしょうね。


ARGYLE SHIFT アーガイル シフト

つぎはこれ……!

当初はやる予定はなかったのですが、
世界観やシナリオは「攻殻機動隊」シリーズのProduction I.Gということだったので

VR_IMG_3766

こんな感じで、4つ椅子が並んでます。

VR_IMG_3767

椅子には、ロボット操作できそうなコントローラもあります!

VR_IMG_3768

ストーリーは、ロボットのパイロットとなること。
しかも、なんと最高にかわいい萌えアシスタント付き!

私は、ガンダムとかロボット物が正直苦手で、あんまり興味もなかったのですが、
これは、全然違う!プレイしてほんとに楽しかったです!

椅子とコントローラという点で、脱出病棟と似ていますが、体験が全く違います。
空をスーッというロボットに乗って飛べるあの感覚を味わえるのです。
アシスタントがしゃべりかけてくるという点で大好きなスターフォックス64に似ています。

とにかく、他のアトラクションはリアルでもやろうと思えばできそうなアトラクションですが、
これはロボットという絶対不可能なSF要素を体験できるので

ぜひ体験するべきです!

私が今回体験した中で、一番よかったものでした!


SKI RODEO

最後はこれです。
時間的に、並んだりすると4つぐらい体験できると思います。

VR_IMG_3772

このように、床にスキー用の板と、前に扇風機があります。

VR_IMG_3775

内容ですが、かなりリアルです。
自分のはいた息が、白く見えるのもまた没入感がでます。
速度を上げると前から風がきますし、
ジャンプすれば、ジャンプしている間だけ床のボードが振動しないので、
本当に空中に浮いているような体験ができます。

全体の内容としては、スキーでコースを滑っていくのですが、
かなり難易度が高いと思いました。

ただ、何回かプレイすれば、おそらくトラブルなく滑れるようになり、
爽快感とかがでるのではとおもいました。

ちなみに、これは少し酔いました。
かなりの速度で滑走するので、VR酔いというよりは、
画面内の情報量が多いことによる酔い方のような感じでした。

VR体験を立て続けに体験したり、
何度も転落したのも、酔ってしまった原因かもしれませんが。

とりあえず、これでVR ZONE での体験話が終わりです。記事の最後にVR自体の感想があります。


PSVR 特別体験会

予約は不必要で、無料で体験できます。
東京ジョイポリス内にあるため、入場券を買って入る必要があります。

VR_IMG_3778

3階に行くとブースがありました。
VR_IMG_3792

ここでは、3種類のゲームが体験できます。

・THE PLAYROOM VR
・The London Heist (仮)
・The Deep (仮)

今回、私は The Deep (仮) を体験してきました。

「THE PLAYROOM VR」に関しては、1人がPSVRをつけてボスを演じて、
3人がボスを倒すというもので、PSVRをつけることができない可能性があったため。

「The London Heist (仮)」は、単純に3時間待ちぐらいだったので諦めました。


The Deep (仮)

VR_IMG_3791

家庭用ゲーム機で発売するソフトだと思われるため、
VR ZONE のようなVR用HMD以外の装置というものはありません。
上の写真では、テレビもありますが、HMDを被っているので見ていません。
テレビの上のセンサが、おそらく頭の位置などを調査していると思われます。

立つか椅子に座って遊べるゲーム。今回は椅子に座って体験。
ゲームの内容としては、深海に潜っていき、綺麗な魚や深海に落ちているものを見たりする感じです。
詳しい内容はネタバレに繋がるので、これ以上は説明しません……!

……VRZONEの体験の後からか、すこし地味な写真となってしまった。


HMDの感想

おまちかねの感想です。

HTC Vive

付け心地、映像の質や、画面の広さは Oculus Rift CV1とそんなに変わらない印象でした。
Oculus Rift は鼻の部分から、外の光が漏れやすいというデメリット(外を確認できるメリット)が
あり、Vive は漏れないと聞いていたのですが、これもわずかですが漏れていました。
ただ、どちらにしてもゲーム中は夢中になり、特に気になる感じはありませんでした。
明るいゲームが多かったので、外が明るくても気にならないのもあったかもしれません。

HTC Vive といえば、Oculus Rift と違ってルームスケールが体験できるというものなのですが、
今回でいえば、高所恐怖SHOWが、HTC Vive の本領発揮という感じでした。
自分で歩いて、世界を動き回れるのはやはりタノシイ。
ただ、高所恐怖SHOWについては、係員がついており、右回りや左回りを指定していたので、
ぐるぐる回ると当たり前ですが、パソコンからの線が絡まったりする問題があるのでしょうね。
無線の低レンテンシHMDとか、そういうのがいつか発売するといいですね。

欠点としては、結構重たいです。
ちょっとソースは見つかりませんでしたが、おそらく、ヘッドホン付きのCV1より、
ヘッドホンなしのViveの時点で、Viveのほうが重たいのでは、と思いました。
さらにヘッドホンをつけるので、よりズッシリときます。
VR自体がかなり目に負担がかかるので、長くプレイするということはないとは思いますが、
長時間プレイし続けるのは、ややきついのではと思いました。

PSVR

CV1とViveを体験しましたが、PSVRは付け心地が別次元で素晴らしいです。
CV1とViveに関しては、目を覆う部分が光を通さないのと、しめつけの2つを兼ねているのに対して、
PSVRは、おでこを使って締め付けをして、光を通さないために目を覆う部分を覆っているのが大きいです。
本当にゴーグルを付けているのかな?という感覚でした。

映像に関してですが、これは聞いてはいたのですが、素晴らしかったです。
というのも、まったく液晶のドット特有の線がないからです。
液晶とか虫眼鏡で拡大すると分かるように、CV1とViveはドットとドットの間に線がでるのですが、
PSVRは、全く線が見えなかったので、本当に画面を見ているという感覚がありませんでした。

欠点ですが、重さ的にはCV1と恐らく変わらない感じなのでしたが、
Viveと同様にヘッドホンをつける必要があるという点はやはり面倒です。
ヘッドホンとHMDを合計すると、CV1より重たくなります。

他にはドットが見えないことによって、全体がぼやけた感じがする問題です。
CV1/Viveに比べて、解像度が低いのもあるかとは思いますが、
全くドットごとの線が見えないために、逆に全体がぼやけて感じる印象がありました。
ドットが見えていれば、ドットごとではくっきりしてるので、ぼやけた印象にはならないと思います。
例えるなら水中ゴーグルに、細かい傷をつけて、目にはめているという感じです。


……以上!

余談

今回、VR ZONEでは、バナポイントを使ってアトラクションを体験できるのですが、
VR体験終了時に余っていたポイントは現金に戻せません。
ということで、今回は、余ったポイントで VR ZONE で売っている
VR用HMDの目を覆うのを買いました。

↓VR ZONE 入場時にもらえるものは、紙の素材で破けるタイプなのですが、
VR_IMG_3825

↓買ったものは、使い捨て用とはいってもやや丈夫な素材でした。
VR_IMG_3826

もし、家にVR用のHMDがある方は、友達が来た時のために
買っておくといいかもしれませんね。


関連記事

Oculus CV1 で今までプレイしたソフトの感想

OculusRift CV1 が届いた(予約~FedEx配送~セットアップ)

Written by なたで

2016年7月3日 at 00:00

カテゴリー: 3D, memo, review

Tagged with , ,

Oculus CV1 で今までプレイしたソフトの感想

leave a comment »


OculusRift CV1が届き、いろいろと遊びましたので、レビュー!
と、その前にプレイしているうちに私自信に苦手なジャンルがあることがわかり、
それについては、正しく評価できない可能性があるので、鵜呑みにせずに、まあ一つの参考にしてください。

ちなみにそのジャンルというのが、
いえ……ジャンルというよりは、酔うんです!
VR酔いなんですよね。

私がプレイしていて酔いやすいものは、
そう!視点が自動で移動するタイプなのです……。
これは、なんで起きるのでしょうね。
解決策があればいいのですが。

ネットで調べると、あまりに視界で現実に近い体験をする一方で、
身体の向きや重力などは、ゲーム内と同期していないため、
その違いが酔いを発生させるなど書いてありました。

というわけで、このレビューも私のような酔いやすい人向けレビューとなってしまいます。
そのため、よくあるSTGなど、プレイしないはずなので、レビューは恐らくないです。
あとレビューとはいっても、ネタバレがないやんわりレビューです。
VRの体験コンテンツは、あらかじめこういうことが起きるとか言ってしまうと驚きが減ってしまいます。

ところで、すべて書き終わってから分かったのですが、VRゲームはいくつかタイプが分かれていると思います。
A. 世界の外で、第3者となって眺めるゲーム(Lucky’s Tale、The Rose And I)
B. 世界の中で、第3者となって眺めるゲーム(Sketchfab VR)
C. 自分が物語の中に入るゲームで、歩くのにコントローラが必要(iOMoon)
D. 自分が物語の中に入るゲームで、自分の歩く範囲で収まる(Oculus Dreamdeck)
このなかで、下の方ほど、没入度、体験性が深まっていくので、
VRHMDの真価を楽しむことができると私の中では思っています。

今回、VR体験度という指標を作りました。
自分がこの世界に入り込めて、しかもうわーってなるほど点数高いです。
面白いとは別次元なので、これが低いからといっても面白いものはありますので。
なお、酔いやすい私が酔うと★が減ります。テテーン!

※ここに書いてあるものは、逐次増えていく可能性があります。


Oculus Home

Henry

henry

値段:無料
ジャンル:ムービー
VR体験姿勢:床に座って体験
VR体験度:★★★☆☆☆
感想:部屋の中にいて、周りで起こることを体験していきます。
キャラクターはとても可愛く、部屋のつくりもこだわっており、おすすめ。


INVASION!

invasion

値段:無料
ジャンル:ムービー
VR体験姿勢:立って体験
VR体験度:★★★☆☆☆
感想:これもまた体験型。氷の上でかわいいうさぎと出会えます。


Lost

lost

値段:無料
ジャンル:ムービー
VR体験姿勢:立って体験
VR体験度:★★★★★☆
感想:林の中で、奇妙な物体に出会います。
体験型はタノシイ。


Lucky’s Tale
luckytale

値段:無料
ジャンル:アクションゲーム
VR体験姿勢:なし
VR体験度:★☆☆☆☆☆
感想:普通の3Dアクションゲームとなります。
3Dアクションゲームのゲームとしては完成度が高く、
またVRに酔いにくようなゲーム設計にはなっていると思います。
辛口になりますが、カメラがキャラに合わせて自動で動くだけであり、
VRでやる必要があるのかは疑問に感じるゲーム。ゲーム的には面白いですよ!


Oculus Dreamdeck
oculusdreamdeck

値段:無料
ジャンル:ムービー
VR体験姿勢:立って体験。座ってもよし!
VR体験度:★★★★★★
感想:OculusRift の本領発揮する体験ムービー集です。
とにかく、没入感がすばらしく、出てくるキャラクター、ステージに驚かされます。


Showdown
showdown

値段:無料
ジャンル:ムービー
VR体験姿勢:立って体験
VR体験度:★★★★★★
感想:戦火に巻き込まれます。


Sketchfab VR
sketchfab

値段:無料
ジャンル:静画・3Dモデル
VR体験姿勢:立って体験
VR体験度:★★☆☆☆☆
感想:体験というよりは、3Dモデルを見たりするようなものです。
立って体験はできますが、美術館などで物をみているだけで、没入感は少なめ。


The Rose And I
thrroseandi

値段:無料
ジャンル:ムービー?
VR体験姿勢:立って体験
VR体験度:★★☆☆☆☆
感想:タイトルには書いていないですが、『星の王子さま』となります。
2016年3月に映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』が上映されまして、おすすめ。
それで、脱線しましたが、これは知っている方なら見ても楽しめると思います。
ただ、Sketchfab VRのように、モデルや世界を上から眺めている感系なので、体験としては弱いです。


Senza Peso

senza_peso

値段:無料
ジャンル:ムービー
VR体験姿勢:座って体験
VR体験度:★★★★★☆
感想:
テーマパークのアトラクションのように船に乗って進んでいきます。
音楽、映像が凝っていまして、次は何がでるんだろうとワクワクドキドキします!
Steam版もあります。


Eagle Flight
eagle_flight eagle_flight_ss

値段:3990円 (Oculus版), (PSVR版), (Steam版)
ジャンル:アクションゲーム
VR体験姿勢:座って体験
VR体験度:★★★★★★
感想:
自分がタカになって、パリの上空を飛び回れます。
今までゲームは操作が直観的ではなく酔うものが多かったのですが、このイーグルフライトは、首を傾けて移動が主となっており、あとは速度アップ、速度遅くしかなく、非常に操作が直観的かつシンプルで全く酔いません。
パリの景色も非常に綺麗で、建物の隙間を飛び回ったり、好きな場所に行けて、自由度も高いです。
ちなみに私はゲーム中、前に扇風機を置いてプレイしてるのですが、より没入感が出て良い感じです!

ゲームは、ストーリーモードがあり、ストーリーモードは一人で楽しむこともできます。
また、ネット対戦モードもあり、3 vs 3 (まだ遊んでいない)となります。

※2016年10月18日にOculus版、2016年11月9日にPSVR版、2016年12月20日にHTC Vive 版(Steam版) が出ますので、他のVRでも楽しめます!


SteamVR

iOMoon

iomoon

値段:$14.99 USD(開発中の値段)
ジャンル:アクションゲーム
VR体験姿勢:座って体験/立って体験
VR体験度:★★★★☆☆
ロボットに乗って星を探索します。
動かすときにコントローラーがいるので、酔いやすい人は注意。
前後を進むのはいいのですが、右左への回転が厳しいです。
移動方法に、ポイントワープ方法/30度の離散回転/連続回転が選べるようになっており、
酔いやすい方は、ワープ方法を選ぶと酔いにくくなります。
ですが、おそらく連続回転をもとに設計しているので、遊びにくくなってしまいます。
あと、溶岩がながれます。


The Visitor

the_visitor

値段:$0.99 USD
ジャンル:ホラー
VR体験姿勢:座って体験(できればベッドの上に座りながら体験)
VR体験度:★★★★★★★
危険です!本当に怖くてプレイできません!
絶対に、夜中にやらないでください。大声で叫んでしまいますので。


Virual Desktop

virual_desktop

値段:$14.99 USD
ジャンル:ツール
VR体験姿勢:座って体験
VR体験度:★★☆☆☆☆
VR上でパソコンの操作が可能となります。
ただ、VRは体力を消耗するので常用は難しいかと思われます。
HMDを被っているとキーボードやマウスは厳しいので、
映画とかを見る場合はいいかもしれません。


その他

SecondLife (CtrlAltStudio)

CtrlAltStudio

値段:無料。通貨レート 100リンデンドル=約50円。プレミアム会員
ジャンル:メタバース
VR体験姿勢:立ったり、座ったり
VR体験度:★★★★★★
※セカンドライフはかなり重たいのでGTX970でも、画質設定を軽くしないとカクカクします。

SecondLife というのは、自分の好きなアバターで、自分の好きな土地を買って、
自分の好きな家を建てて、自分の好きな服を着れて、好き場所へいっておしゃべりするツール。
スクリプトが欠けるなら世界の中でプログラムを作れますし、
絵を描けるなら自分の家に絵を飾ることもできて、
さらに3Dモデリングができるのであれば好きな物体も作れる、
それらは自分でお店を作って売ったり、逆に買ったりもできる。
そんな自分の好きな世界に入ることができるのがセカンドライフです。
詳しくは私のブログを見てもいいかも!記事がたくさんあるので!

そんなセカンドライフですが、セカンドライフの世界を覗くためのツールがビューアというものです。
このビューアのソースコードは公開されており、いろいろな人が作ったビューアがあります。
そんな中で、CV1 VRに対応したビューア(1.2.6.43412 Alpha, 18 Jul 2016)が7月18日に公開されました。
CtrlAltStudio と呼ばれるビューアです。

このCtrlAltStudioは、もともと数年前からDK2などに対応していたのですが、
ようやく2016年の7月18日にアルファ版として、CV1に対応したわけです。

もともとは、公式ビューアもCV1に対応させる予定でしたが、
まだ完成度が低く、現在は公開していません。
※公式ビューアは、FPSと解像度が異常に低く、マウスカーソルが消える不具合などがあった。

20160717_4
自分の家で、寝っ転がりながら月をみるということも……

ただ、難点としまして、HUDがつかえないということです。
HUDというのは、3D画面とは別にボタン集やチャット欄などです。
そのため、HUDを使用中は通常モードにして、
歩くときにVRモードに切り替えするという手順になると思います。

また、セカンドライフを知らない方に言っておきますが、
セカンドライフにあるものは全てユーザーが作ったものとなります。
従ってクオリティが、ユーザーによって左右されるため、
どこかでググった画像見て、セカンドライフしょぼいって思うかもしれませんが、
それは、クオリティが低いものを映したか、だいぶ昔のSSとなるため、
実際に体験してみることをお勧めします。

セカンドライフをしたことがない方は、VRモードを楽しむ前に、
セカンドライフの世界や操作に慣れておくといいでしょう。
AKIBA SIM という場所など、初心者用のカフェがあるので、
そういうところへ行って、いろいろ聞いたり、喋りまくりましょう。

自分のキャラクターは、日本人に合いにくいリアルなキャラが多いので、
多くの人は、お店で買った日本人好みのアバターを使う人が多いです。
アバターはお金を出さないと買えないものも多いですが、
どれも安い(高くてもラーメン一杯分)のでそんなに問題はありません。


vorpX

値段:$39.99 USD
ジャンル:ツール
VR体験姿勢:―
VR体験度:―
VR用HMDに対応していないソフトを対応させるツール。
vorpX対応用のソフトなら、(おそらく)立体視可能となります。
ここにないゲームの場合は、たとえばOpenGL制であれば、OpenGL用のQuakeをプロファイルに選べば
立体視で遊べる可能性もありますが、かなり厳しいものとなるため、
リストにないゲームはプレイできないと考えていいと思います。

なお、立体視で遊べない場合は、立体視にならず両目でゲームが遊べる感じとなります。
立体視にならないため、VRでやるメリットは薄いです……。
リストに書いてあるゲームだとしても、もともとVR用に設計していたわけではないので、
心地よくプレイできるとは限らないので注意が必要です。

あと、椅子に座っている感じで大画面のゲームを遊べるモードがあります。
メインの機能ではないかもしれませんが、オススメです。


MocuMocuDance

値段:2016/6/19時点でフリー
ジャンル:ツール
VR体験姿勢:―
VR体験度:―
MikuMikuDanceという3Dモデルを動かすツールがあります。
そんな、MikuMikuDanceで使用されているモデル、PMX形式を読み込み表示できるツールです。
PMXモデルは、MikuMikuDanceツールでのみしか利用を許可しないものもります。
もし誰かが作ったものを読み込みたい場合は。利用許諾書をしっかり読みましょう。

機能として、おそらく18禁目的なもの(流体演算機能)もありますので注意が必要です。
また、本ツールのマニュアルもしっかり読んだうえで使用してください。本ツールは再配布禁止です。


Written by なたで

2016年6月19日 at 22:53

カテゴリー: 3D, memo, review

Tagged with ,

OculusRift CV1 が届いた(予約~FedEx配送~セットアップ)

leave a comment »


こんにてゃ!

以前から欲しかった OculusRift CV1 が本日 2016/5/14 に届きました。
欲しかった経緯を知りたい物好きな方は、2013年の「プロジェクタが欲しい」を参照してください。
oculus_1
横 45.5cm、奥行き 22.5cm、高さ 38.0cm の段ボールの中に、
上記の横 39.5cm、奥行き 17.0cm、高さ 31.0cm の箱が入ってました。
自宅に宅配ボックスがある方は、入るかどうか参考にしてください。


予約してから届くまで

さて、少し購入時からの経緯について話します。
OculusRift は予約開始が 2016/1/7 1:00 からなのですが、2016/1/7 1:08 に注文できました。
注文時は、住所を英語で設定できたのですが、あとで日本語に自動で変わりました。
そのとき、住所が誤った住所になっていたので修正しようとしたのですが、エラーで修正できず。
その後、サポートに修正できないことを伝えたらシステム直したよ!って連絡が来たので無事変更できました。

注文番号は 613000027XXXXX で、当初は3月末に届く予定でした。
しかし、何か問題があったようで、2016/4/2 に注文は延期と公式発表がありました。
この時点で不手際の送料1万円は無料となったので、まあよかったのかなと思います。
お届け日は、 2016/4/12 に発表され、出荷予定日が 5/2 – 5/12 と判明しました。
oc_1

2ちゃんねるの OculusRift スレッド を覗いていたのですが、
早く届いているという噂がありました。
真相はたしかではありませんが、5/2 – 5/12 の人は、5月初頭に届いたという話です。
私の場合は、4/28 に Order Status が Processing for Shipping にステータスが変わったきり、
予定日を過ぎた 5/7 になってもクレジットカードの引き落としがありませんでした。
HTC Vive でクレジットカードの引き落とし失敗の問題があったため、
すこし、心配となりサポートに連絡をしました。
連絡としては、問題ないよ!発送するよ!ということでした。

5/9 についに発送と引き落としが行われました。
oc_2
注文は、FedEx が配送するため、上の番号を入力することで配送状況がわかります。
FedExの注文サイトでは、お届け予定日が「2016/5/13 ~ 18:00」とあり、
この場合は2016/5/13(金)の日の中で、18:00までに届くという意味です。
18:00に届くというわけではないので注意です。
従って、もし受け取るのであれば、5/13は届くまで家にいる必要があります。

FedEx Tracking を確認すると、特別取扱セクション 平日配達 と書いてありまして
不在の金曜日をのがすと月曜日になるのかなと(月曜日も不在ですが)思ったのですが、
カスタマーサービスに連絡したところ、土曜日の午前中にすることができました。
土曜日などの営業時間外の配達の場合は、配送業者に委託することになります。
今回は日通航空に委託されましたが、西濃運輸もあるらしいです。

カスタマーサービスは、
平日なら 8:00 – 20:00 までフリーダイヤルを利用することができます。
電話がつながると、プッシュホン・サービスとなり、最初はボタンを押す必要があります。
私は 19:00 過ぎに電話をかけたのですが、混み合っており繋がるまで10分間ぐらいかかりました。
繋がらないからといって、電話を切ると、順番がリセットされるので気を付けてください。

FedExの注文サイトのお届け予定日で受け取れないことが分かれば、
お届け予定日の前日までにカスタマーサービスで配達の相談をしたほうがいいかと思います。
なぜなら、相談しなければ結局、お届け予定日で不在となってしまい、FedExも配達損となってしまうからです。
不在となれば、結局再配達で電話をする必要があるため、届日がさらに遅くなってしまいます。

今回、Oculus とは2回サポートで連絡しましたが、両方の対応とも特に問題はありませんでした。
FedEx も今回初体験でした。国内の配送業者と違って電話で基本やり取りというのが斬新でしたが、
無事、配達日を指定できて、土曜日に配達できたので良かったと思います。

長くなりましたが前置きは終わりにしたいと思います。


箱の開封からセットアップ

すでにガジェットニュース的なサイトでも写真が公開されています。

中を開けるとこんな感じです。
oculus_2
かなり丁寧な箱に、綺麗におさまっています。

oculus_3
噂の有線xboxコントローラはこちらに入ってました。
ただ今回は、PS3ワイヤレスコントローラ
ScpServer+ PLANEX Bluetooth USBアダプター で接続しているため、このコントローラーは使いません。

中のものを取り出してからセットアップに入ります。
セットアップ自体は、「Oculus Rift Setup」から
OculusSetup.exeをダウンロードすることから始まります。

セットアップの順序自体は、ITmedia PC USER
「Oculus Rift」をセットアップしてVR世界へ旅立ってみた 』を参考にすればいいですが、
違う個所や注意点があったので書いておきます。

USBケーブルやHDMIケーブルを接続せずにセットアップ実行

注意として、全て未接続の状態でセットアップを進めてください。
セットアップウィザードの途中で、接続してくれとアナウンスがあります。

2本のUSBケーブルについて

今回、センサーカメラと、HMDの本体とで、USB3.0 の接続が2本必要となります。
場合によっては、PCに USB3.0 が 1 つしかない場合もあると思いますが、
USB3.0 ハブを使っても問題ありません。

途中でユーザーアカウントの作成を行う必要がある

進めていくとアカウントでログインしてくれという画面がでます。
ない場合は作りますが、このアカウントを今後 Oculus Home 使用していくことになります。
Oculus Home は、Steamのような感じで、OculusRift 向けのゲームが公開される場です。
また、アカウント同士でフレンド登録することもできるようです。
インストール後に、アカウントで本名をどこまで公開するかなどの設定ができるので、
本名ばれしたくない方は、設定で自分オンリーにしておきましょう。

Oculus Remote が接続できない……?

これは完全に私の不注意なのですが、
ウィザードを進めていくと、Oculus Remote の認識画面になります。
Oculus Remote は電池※のストッパーを抜いて、通電が始まりますが、これだけでは、ペアリングはできません。
ホイールの真ん中の大きなボタンをペアリングできるまで押し続けなければいけません。
なお、ペアリングがもしできなかったとしても、後で設定が可能です。
※電池は CR2032 ですが、最初から入っています。

身長の入力画面について

ここで入力するのは、OculusRiftをつけている最中での身長なので、立って設定する必要があります。
ここで設定することで、「OculusRiftと地面との距離」が分かり、
「OculusRiftとセンサーと距離」、「センサーと地面との距離」も内部で計算されます。

デモが始まらない……?

「Oculus Rift」をセットアップしてVR世界へ旅立ってみた 』では、
> セットアップが終わると白い仮想空間の部屋に誘われ、最後の儀式が始まります。
> といってもこれは純粋なVRデモで、「Oculus DREAMDECK」と呼ばれる
> VR体験チュートリアル用アプリケーションです。
とあり、「Oculus DREAMDECK」が始まるとあるのですが、始まりませんでした。
もしかしたら、わたしが決定ボタンで飛ばしてしまったのかもしれませんが。
というわけで、私の場合なのですが Oculus Home から
「Oculus DREAMDECK」をダウンロードしてインストールしました。
ダウンロードはHMDを被ったままできるのですが、インストールはPC画面で行う必要があるので注意です。


いったんここまでで、第1弾のOculusRift記事は終わりです。

最後に感想をすこしだけ書きます。
Oculus DREAMDECK を体験したのですが本当に世界に入れたみたいでした。
デモ中は、ずっと立って体験していました。
本当に世界に入れたようで、キョロキョロしてたので疲れました。
センサーは机の上に置いていますが、後ろ向いても、
床に座ってもトラッキングされており、疲れた時は座って体験したりもしてました。

ちなみに座って、そのまま後ろにゆっくり倒れて仰向けに寝転がっても大丈夫でした。
あとから分かったのですが、センサーカメラが優秀で、
考慮した位置に配置すればかなり広範囲でも認識するそうです。
CV1のポジショナルトラッキングはルームスケールVRに匹敵。地上約2mにカメラを設置しての追跡テスト

HMDが軽いのもよかったです。
線が一本にまとまっており、ヘッドホンもついているので、取り回しがいいと思います。
何も考えずにインストールができて、OculusRiftを机においてあるときは、
パソコン(これまで使っていたスピーカー)から音が出て
OculusRift をつけているときは、HMD内臓のヘッドホンから音が出るようです。

ゲーム酔いについては、プレイ中は酔っていなくてもあとからくることがあります。
Virtual Desktop」など常時、VR空間の中にいるのは
目の負担となってしまいますので、人によってはかなりキツイのではないかと思います。
1日30分などと、時間を決めて遊んだほうがいいかもしれません。

とりあえず、本当に世界入り込める体験は、文句なしで素晴らしいので、
あとは値段さえ5万円以下に下がってくれば、いいかなと思います。
とはいっても、現段階で3D対応HDプロジェクタさえ、10万前後するのでまだまだ厳しそうです。
さらに、VR空間へのコントローラ(Oculus Touch)がまだ未発売なので、
年内中に発売でき、次は配送時のトラブルなどなければいいなと思います。

Written by なたで

2016年5月14日 at 17:14

カテゴリー: 3D, memo, review

Tagged with , , , ,

セカンドライフのスクリプトのエラー処理について

leave a comment »


セカンドライフでは、スクリプトでエラーが起きるとどうなるかみなさん知っていますか。
何かエラーが出ること自体は知っていると思いますが、
そのエラーが発生後、どうなるのかはそんなに知らないと思います。

ためしに、次のようなスクリプトを実行してみましょう。

hoge() {
	integer x = 0;
	llOwnerSay("hoge_start");
	x = 1 / 0;
	llOwnerSay("hoge_end");
}

default {
	state_entry() {
		llSetTimerEvent(3.0);
	}
	
	touch_start(integer total_number) {
		llOwnerSay("touch_start");
		hoge();
		llOwnerSay("touch_end");
	}
	
	timer() {
		llOwnerSay("clock");
	}
}

このスクリプトは、3秒に1度、発言が行われて、
また、クリックすると0の割り算エラーを発生させるスクリプトです。

これでクリックするとどうなると思いますか。三択問題です。

A. hoge関数内でエラーが発生するので、例外で終了するため”hoge_end”は表示されずに、関数を抜ける
B. touch_startイベント関数内でエラーが発生するので、そこでtouch_startイベント関数が強制終了する
C. プログラム自体が強制終了し、タイマーイベントなど全てが止まる

さて、どうなるでしょう。

正解は・・・


 

 

テテテテテテテ

 

 

ジャン!

Cでした!

なんと、すべて止まってしまうのです。
無限ループもタイマーもすべて止まってしまうので、手動リセットさせるしかありません。
なお、エラーの種類は「LSL Errors」でまとまっていますので、一度見ておくといいかもしれません。
注意点として、メモリリークの「Script run-time error: Stack-Heap Collision」なのですが、
これも発生してしまうと、プログラムが止まってしまいます。
そこで、止まるよりはみずから llGetFreeMemory で定期チェックをして、
llResetScript でリセットさせたほうが安全です。


オマケ

次のスクリプトはエラーが発生するでしょうか……

default {
	state_entry() {
		llOwnerSay((string)((integer)"ABC"));
		llOwnerSay((string)((integer)"123ABC456"));
		llOwnerSay((string)((vector)"ABC"));
		llOwnerSay((string)((vector)"<1.0, 2.0, 3.0, 4.0, 5.0, 6.0, 7.0>"));
	}
}


正解はこんな感じでエラーは発生しません。
文字列の左からデータとして認識できる範囲で変換してくれるようですね。

Object: 0
Object: 123
Object: <0.00000, 0.00000, 0.00000>
Object: <1.00000, 2.00000, 3.00000>

Written by なたで

2016年5月8日 at 21:06

カテゴリー: memo, program

Tagged with ,

セカンドライフのスカイボックスに太陽の光を!

leave a comment »


スカイボックスをご存知でしょうか。

セカンドライフでは地面の上に家をたてる場合と、
4000mまでの上空の間に家を浮かばせるスカイボックスがあります。

スカイボックスの最大のメリットとしては、
周りの情景に気にせず好きなものを建てられるということです。

通常、地面の上に建てる場合、お隣さんの家に気を使ったりして大きな建物を建てられなかったり、
あるいは雪の土地の上であれば、冬っぽい家を建てないと気分がでないなど
様々な制約があるのですが、スカイボックスは、自分で地面から作成して、
周りの風景まで画像を張ったりすることで楽しむこともできます。
中から外へのボックスが透過にし、解放感も味わうこともできます。

しかし1つ問題があります。
それは太陽の光をあびれないということ……。

スカイボックスは、プライバシーのために箱で包むことがよくあるのですが、
解放感を出すため内部から外へは透明にすることがよくあります。
一見、外の空が見えるので、解放感はあるのですが、なぜだか内部が暗くなってしまいます。
それは、影のせいです。

例えばですが、次のように立方体を設置すると影がでます。
secshadow1

ここで、影側のほうから壁を透明にした場合でも、やはり影ができてしまうのです。
secshadow2
スカイボックス内で内部から外を透過して解放感を出しても、
外からの光は残念ながら中に入らないのです。

 

 

実はテクニックがありまして・・・

 

 

テテーン!
secshadow3

さて、どのようにして影を出さないようにしたのでしょうか。

実は、外側のテクスチャを微妙に透過させることで、
影を出さないようにしたのです。
調査した結果、12%の透過度にすると影がでなくなるようです。

少しは透けてしまうようになるのですが、
大体中は見えないですし、二重にすることでより見づらくすることもできます。

こんな感じに
secshadow4

以上、スカイボックスの中に太陽の光を!でした。

Written by なたで

2016年4月21日 at 00:00

カテゴリー: game, memo

Tagged with ,

セカンドライフのサードパーティビューア Black Dragon の紹介

leave a comment »


ビューア関係の前回の記事「セカンドライフのサードパーティビューア Catznip の紹介」では
土地の境界線表示機能付きのカラフルなミニマップ表示
自分のオブジェクト一覧表示機能
・容姿にフォルダ構造を持たせられる機能
など他のビューアにはない機能を持つ「Catznip Viewer」について紹介しました。

今回は、「Black Dragon」(ブラックドラゴン)を解説します。


Black Dragonはグラフィック設定がすごい!

Black Dragonの最大の特徴は、3DCGの表示機能設定が豊富な点です。
設定できる機能の一部を紹介します。
.

テクスチャのメモリの最大値の増加

ここのメモリの容量が大きいほど、テクスチャが汚くなりません。
しかし通常、テクスチャはグラボにグラフィックメモリが何GBもつんであっても、最大512MBしか設定できません。
Black Dragonでは、グラフィックメモリの最大値を8GBまで設定することができます。
.

FXAAのアンチエイリアスが有効

これを有効にすると、ジャギー(2D座標空間の標本化歪み)が目立たなくなります。
通常のビューアでは、アンチエイリアシングは FSAA 2x/4x/… などが利用できます。
このアルゴリズムは、SSAA(Super Sampling Anti-Aliasing, Full-Scene Anti-Aliasing)を使用しています。
SSAAは綺麗にはなるのですが、大きな画面として描写するため処理が重たくなります。
一方、ここでは使用できませんが、MSAAというものあり、
MSAAは、SSAAより軽いですが、テクスチャ自体にはアンチエイリアスをかけられない特徴があります。

今回、このビューアではFXAAが利用できます。
FXAAの最大の特徴は、3DCGを描写後に行うアンチエイリアスという点です。
品質は、SSAAより悪いですが、動作は非常に軽く、MSAAと違いテクスチャ自体のギザギザも抑えられます。
それぞれの特徴については、「4Gamerの記事」を参照。
.

影テクスチャを細かく設定できる

通常のビューアでは、影の設定を「太陽/月・プロジェクタ」という1つの設定しかありません。
しかし、Black Dragonでは影の設定を細かく設定できるため、綺麗に影を落としこむこともできます。
例えば影を落とすために、シャドウマッピング用にテクスチャを用意するのですが、
このテクスチャの解像度によって、影の品質がきまります。
Black Dragonでは、このテクスチャの縦と横の大きさを自由に設定できます。
あまりに大きいと、グラフィックメモリを使用するので注意が必要です。
また、解像度以外にも、このテクスチャから
何点のポイントを使用して平均化し影をつけるかの設定ができます。(ソフトシャドウ技術
この設定を行うことで、はっきりした影や、ぼやけた影の表現もできます
.

SSAOの詳細設定ができる。

物をリアルに表示させるために明暗をつける
アンビエントオクルージョンというテクニックがあります。
例えば、近くに物があれば、その物の近くにあるオブジェクトを暗くする機能です。
通常のビューアでは「アンビエントオクルージョン」という1つのチェックボックスですが、
Black Dragonでは、Screen Space Ambient Occlusionの設定項目で、詳細設定が可能です。
ここの設定は重たくなる原因なので、チェックを外すのもアリだと思います。
.

DoFの詳細設定ができる。

DoF(Depth of Field)という技術があります。
これは、ある距離より遠いものや近いものをぼかして、被写界深度を再現します。
通常のビューアでは「フィールの遠近感」という1つのチェックボックスですが、
Black Dragonでは、Depth of Fieldの設定項目で、詳細設定が可能です。
なお、この中で「Enable Alphas in Depth of Field calculations」という設定があるのですが、
これは透明度を持つオブジェクトに対してもDoFを正しく行うという機能です。
この機能は、結構重たい処理のためFPS稼ぎに外しておくのがオススメです。
.

モーションブラーを設定できる。

カメラをぶらすと、映像の軌跡を残るように、
3DCG表示でもこれを再現させます。
モーションブラーを使用すると、アバターをアニメーションをさせたときに
滑らかに表示されるように感じたり、躍動感がうまれます。
.

レンズフレア

太陽をみたときなどに、レンズフレアを表示させることができます。
ただ、太陽との間にオブジェクトで遮っている場合でも、
レンズフレアが見えてしまうことがあるので、この設定は一長一短。
.

トーンマッピング

3DCGのレンダリング後に、色に対してエフェクタを通すことができます。
色は、線形や非線形に変更したりできます。
具体的には、コントラストを上げたり、明るくしたり、赤みをおびさせたり、
好きな雰囲気にすることができます。


さて、使いたくなってきたところで、
インストール時によくやる設定について最後に紹介します。
.

キーボード操作の設定(Keybindings)の変更

スライド移動(Strafe)と回転(Rotate)とジャンプのキーボード操作が
デフォルトと異なるため、変更すると使いやすいです。

三人称視点時設定(Third Person Keybindings)と
一人称視点(マウスルック)時設定(First Person Keybindings)の
両方で設定をする必要があります。

Third Person Keybindings
・Move Forwards [W] -> [W]
・Move Backwards [S] -> [S]
Strafe Left [A] -> [A + [Shift]]
Strafe Right [D] -> [D + [Shift]]
Rotate Left [Q] -> [A]
Rotate Right [E] -> [D]
Jump [Space] -> [E]

First Person Keybindings
・Move Forwards [W] -> [W]
・Move Backwards [S] -> [S]
・Strafe Left [A] -> [A]
・Strafe Right [D] -> [D]
・Rotate Left [Q] -> [Q]
・Rotate Right [E] -> [E]
Jump [Space] -> [E]

.

カメラの設定(Camera)の変更

下記のチェックボックスを外しましょう。
「Enable ‘realistic’ Camera behavior in Mouselook」
この設定が有効になっていると、
マウスルック時のカメラが、アバターのアニメーションに
追従するようになると思います。酔う原因になります。
.
また、Smoothingを8.00->0.50にすると、
カメラが向いた方向へ瞬時に移動するので好みで設定。
.

グラフィックの変更

Black Dragonは、デレンダラ(非描写)機能があります。
Rendering Options -> Derender … と書いてある設定です。
この設定は、指定したファイルサイズより大きかったり、
表面の面積が大きかったりしたりすると表示しなくなります。
アバターやオブジェクトが表示されなくならないように、適切な値に調節するか、
あるいは全て 0 にして無効化するといいです。


グラボをつけている方や、
綺麗なスクリーンショットを撮りたい方は
一度 Black Dragon を試してみるといいかもしれません。

以上、紹介を終わります!


自分用の設定メモ

.

髪の毛などの影も綺麗に顔に落とす(太陽の光用)

☑Deferred Rendering
・Extended Shadow Distance 128 -> 16
・Closeup Shadowmap Size 2048 -> 4096
・Close Shadowmap Size 4096 -> 4096
※Shadowの設定で上と下があるのは、おそらく上が太陽の影、下がライトによる影設定です
※「Extended Shadow Distance」は小さくなるほど、影の精度があがりますが、遠い距離にある影がおちにくくなります。
.

全体をふんわりと明るくする

☑Windlight Options
・Warmth Red 1.00 -> 2.00
・Warmth Green 0.60 -> 2.00
・Warmth Blue 0.75 -> 2.00
☑Volumetric Lighting
・中はデフォルト
☑Post Processing Effects -> Lens Flare Effect
・中はデフォルト
☑Tone Mapping
☑Custom
Linear Strength 0.44 -> 0.25
Toe Strength 0.24 -> 0.87
Toe Numerator 0.02 -> 0.87
Toe Denominator 0.18 -> 0.66
Linear White 25.00 -> 13.22
Exposure Bias 3.00 -> 0.91
☑Color Correction Linear
・中はデフォルト

Written by なたで

2016年4月17日 at 16:18

カテゴリー: game, memo, review

Tagged with

アイソレーションタンクに行ってきた

leave a comment »


こんにちは。なたでです!
アイソレーションタンクを体験してきたので、その話をします。

イエーイ!


アイソレーションタンクとは・・・?

アイソレーションタンク(フローティングタンク)とは何という話を・・・
しようかと思ったのですが、私自身そんなに知らなくて、
とりあえずwikipediaを見ていただいたり、
写真検索をしてイメージを掴んだほうがいいです。

すこし解説すると、体を水の中に浮かべて、
聴覚、触覚、視覚を奪って、ふわふわするというもの。


施設に向かう

今回行ってきた場所について、
本当は、いろいろ詳細に書いたほうがいいかもしれませんが、
もし場所を正確に書いてしまうと、私の記事を見て行きたくないかも!
っていう方が出てしまったら、よくないので、今回書きません……。

私は、予約していったのですが、
家から遠いので、たっぷりコースである2時間を予約しました。
行った場所は、駅から歩いて10分ちょっとです。
その駅には、休日の昼時でも空いているコインロッカーがたくさんあるので、
荷物が多かったので置いていきました。

私が行った場所は、施設というより、
普通の家のような感じで、個人宅のような感じです。

「密室でリラックスする」
「アイソレーションタンクの知名度が低い」
「瞑想系」
といった、3つの要因と、個人宅ということで、
正直すこし警戒してしまいました・・・。
(車通から離れた個人の家ということは、騒音が少ないメリットはあるとおもいます!)

一応、アイソレーションタンクがある場所をここに書きます。

ちなみに愛知県内(名古屋など)にはないと思われます。東京へGO!

・東京都(白金) Float Center フロートセンター
・東京都(池袋) Sel Flotte セルフロッテ
・東京都(自由が丘) Pur Spa
・沖縄県 アイソレーションタンクと癒しの店 Lenka
・岡山県 Floating Tank Saloon COCOON


入るまで

家の中では、行く前の調査で見つけたブログに書いてあった
お兄さんがお出迎えしていただきました。

診察部屋のような場所で、アイソレーションタンクの入り方について講義を受けました。
特に注意する点は、2点です。

首の位置
水の中で浮かぶ性質上、首の位置をどうするか迷う人が多いという話です。
すこし上を向いて、耳は完全に浸かり、目も眉毛あたりは浸かります。

水が目に入った時の対処
水といっても、体が浮きやすいようにいろいろ溶かしてあります。
そのため、目に入ったりするととても染みます。慌てて目でこすらないように。

浮かび方については特に細かい指導はありませんでした。
まあだいたい入って慣れるという感じです。

次に、場所の案内がありました。

・お手洗い
・シャワールーム
・アイソレーションタンクがある個室(鍵つき)

この3つです。
お手洗い→シャワールーム→アイソレーションタンクという順番で入っていきます。
アイソレーションタンクは裸で入る必要が有るため、
プライバシーのことから、これらの3つの場所は近くにありまして、
この場所の説明が終わったら、解説の方はいなくなりました。

とりあえず、
アイソレーションタンクがある個室で着替えを行い、
お手洗い、シャワールームを済ませて、
いよいよアイソレーションタンクへ入っていきます。

ちなみに2時間コースというのは、
解説が終わったあとから、2時間です。
したがって、アイソレーションタンクに入るまでも2時間に含まれます。
ただし、アイソレーションタンク内で2時間経ったことを知らされるので、
アイソレーションタンクから出て、体を洗って、服を着るまでなどは、2時間に含まれません。


入ろう

アイソレーションタンク内は意外に広く
横幅が1.5メートル、奥行きが2,3メートルほどありました。
バンザイしても、大丈夫なほどです。
タンクが置いてある部屋自体は暗く、タンク内ももちろん暗いです。
後述の扉を閉めれば真っ暗となります。
水は温かいですが、浮力がすごいので
転ばないように慎重に入りました。

アイソレーションタンクは扉が付いています。
扉を開けてプカプカしてもいいらしいのですが、
中から閉めて、頭を奥にして浮かぶことにしました。

浮かんだことはなかったのですが、簡単に浮かべました
最初の解説に合ったように首の位置の調整が大変でしたが、
なんとかくねくねしているうちに自然な首の位置をみつけることができました。


第1章 ~これがアイソレーションタンク?~

耳に水が入っているので、音は全く聞こえなくなります。
また、真っ暗なので、夜に目をつむった感じで、何も見えなくなります。
しばらく浮かんでいると、感覚も何もなくなります。
ぷか~っとなり、おおー!いい感じ!となります。

浮かび始めてからしばらくすると、
・・・あんまり癒やされていないかも・・・って思ってきました。
これは、初体験であり、慣れていないせいがあるかもしれません。
理由は、恐らく体が浮かんでいることにあります。
上を向いて浮かんでいることから、すこし体勢などに神経を使ってしまいます。
あと、5感がないとは言え、すこし匂いもするので、口呼吸しないといけなく。
癒されるなら、岩盤浴とかのほうが癒やされるのでは・・・と雑念も。

でも、考え事はすごい出来るようになりました
上でも書いているのですが、五感がシャットアウトされるので、
脳の動きしかできなくなります。
そのため、誰にも邪魔されずに考えを行うことができます。瞑想ですね。


第2章 ~人生~

すこし慣れてきて、
なるほど、アイソレーションタンクというのはこんな感じなんですねって思えてきます。
そしてその後に、2時間って長かったかも、1時間でよかったかも・・・と思えてきます。
(ただ、入り終わってからわかるのですが、おそらく1時間と設定してしまうと、
より時間に縛られる感じがするので、すこし長めのほうがいいのかもしれません。)

浮かんでみたものの、どうすればいいんだろう・・・。

うーん。何か考える事用意しておけばよかったな~。

とりあえず人生のことでも考えるか・・・。

生まれてから、今までの道のりをいろいろ考えました。
まあまあな人生だったんではないでしょうか。


第3章 ~宇宙~

ながい!

人生については、生まれてから今のところまでを考えたので、
次に考えることを決めないといけません。

体もあんまり動かしてないから、こってきました。
そのため、一旦外へ出て、すこしストレッチ。

そうそう、アイソレーションタンクがある部屋は、
プラネタリウムのようなものが設置してあり、
アイソレーションタンクの外側には星がキラキラしているのです。

そのため、アイソレーションタンクの扉を開けて
アイソレーションタンク内でプカプカ浮かびながら、星をみることに。

地球の生物のことを考えたり、
宇宙船に乗って外の星々を眺めているという設定で妄想したりしました。


第4章 ~意識消失~

気がついたら寝ていました。

私はお風呂で寝ることが得意なのですが、
それが発動したみたいです。

でも、目覚めたときはすごい気持ちよかったです。

今時間どれぐらいたったのかな。
おそらく1時間30分はこの時点でたっていたのではないかとおもいます。

残りは、またアイソレーションタンクの扉を閉じて、
何も考えることもなく、ふわふわしていました。

そして、時間が来て、アイソレーションタンク内のポンプが動き始めました。


帰り

出たあとは、塩水が体についているので洗わないといけません。
この時に、服や何かに触ってしまうと、白くなってしまうので、注意が必要です。
シャワーを浴びて、髪の毛を洗って服を着て、お兄さんがいる場所へ行きました。

そこで、水が用意されていて、すこし休むことに。(水は無料です!)
しばらくお兄さんがアイソレーションタンクの方へいろいろ見に行っていました。
戻ってきたあと、すこし雑談をして、お金を払って帰りました。

「オウム真理教の事件があってから、こういう施設は少なくなった」
「5回ぐらい入ると、だんだんアイソレーションタンクで検索して出てくる効能を楽しめる」
など雑談です。


さいごに

今回の初アイソレーションタンクで感じたことをまとめます。

私自身は、リラックスできるという感じではありませんでした。
これは個人によるものであり、恐らく複数回行けばまた変わってくるかもしれないですし、
もともとアイソレーションタンク自体が、リラックス目的ではないのかもしれないです。
体制が特に問題だったので、もっと慣れれば、自然な体制ができるようになるかもしれません。

瞑想はできます。
5感のシャットアウトで、色々考え事が捗ります。
誰にもじゃまされずに考え事をしたいのであれば、全然ありではないかとおもいます。

ふしぎな体験ができます。
日常とは違った体験ができます。話のネタに行くのもありだと思います。
SF感も感じることができるので、私みたいな人は行くといいかもしれません。

あやしい・・・?
初アイソレーションタンクでさらに、個人宅っぽい場所での体験。
説明受けている間も、説明していただいた方の笑顔がそんなになかった(真面目すぎて)ので、ちょっと私自身、緊張してました。
その緊張のせいで、アイソレーションタンク内も、すこしドキドキしてリラックスできなかったのかもしれません。
慣れれば、そんなことはないかと思います。
女性の係の方のほうが、緊張がほぐれるかもしれません……。

肩こりは治らない
肩こり治るよ!みたいな体験談ありましたが、私は特に治らないと思いました。
鍼のほうが、ぜんぜんいいです!

以上!

Written by なたで

2016年3月6日 at 17:21

カテゴリー: diary, memo, review

Tagged with