なたで日記

いろいろな思ったこと書きますヽ(^▽^ゞ) by natade

Archive for the ‘music’ Category

ゲーム音楽を演奏したい1(WX5とEWIの比較)

leave a comment »


今回はレビューというより、
作文が多く、すごーく。だらーと書き綴っています。
なので、レビューじゃありません!

メモです。メモ!日記!


きっかけ

続くかどうかわかりませんが楽器を始めました!

もともとゲーム音楽が大好きで、
2015年にドラゴンクエスト7のオーケストラに初めてゲーム音楽を聴きに行きました。
それから、名古屋ゲームミュージックアンサンブルの吹奏楽コンサートや、
名古屋ゲームミュージックストリングスの管弦楽コンサートと足を延ばし。
今年は BRA BRA FINAL FANTASY など聞いてどんどん、楽器弾けたらいいなー気持ちが高まり。
そして、最近プレイした Undertale というゲームがすごく音楽がよくて、
この機会にどうしてもやってみようとチャレンジすることにしました。

まずは楽器選びです。
MIDI用の小さなキーボードは持っているのですが直観的ではなく
思ったように弾くことができません。
習っていないのも理由としてありますが。

それで、リコーダーに決めました。
リコーダーは、小学生の時にソプラノリコーダー。
中学の時にアルトリコーダーと慣れ親しんだためです。

しかし、1つ大きな問題がありました。
仕事から帰って、いろいろしてさあ練習しようとすると、
平日の夜中となってしまうわけなのですが、
この時間にリコーダーを吹くと、近所迷惑になるという問題です。
これは大きな問題です。


ウインドシンセサイザー

そこで、キーボード的な電子リコーダーのようなものがないのか調べることにしました。
調べると、ウインドシンセサイザーと言うらしく
amazon で調べると、2016年現在、2種類発売していることが分かりました。

YAMAHA WX5公式サイト
AKAI professional EWI公式サイト

windsynth

それぞれの詳細については、

YAMAHA WX5

値段 60000円
押し心地や、吹き心地などがサックスを目指した楽器
見た目は、アコースティック楽器のような感じ
重さは、乾電池(単4×6本)除いて、520g
AC電源を使う場合は、別売りの2000円のACアダプタ(PA-3C)が必要。
ヤマハ・WXシリーズとして1987年から様々な製品が出ており、WX5は、1998年に発売。
音源が内蔵していない純粋なMIDIコントローラー。
USB端子もなく、PCとの接続には、USB-MIDIインターフェースが必要。
PC用の付属音源などもついていない。
一応、WX対応の音源として、1996年発売のVL70-m(wiki) 58000円があるが、
2011年に生産終了して現在販売していない。
当時はPCの性能が悪いため、ハードウェア用MIDI音源が多数発売していたが、
現在は性能がよくなったため、PC上で高品質な音を出せる。
ただし、VSTiプラグインなどを介してリアルタイムで音出すなどDTMの知識が必要。

AKAI professional EWI(イーウィ)

値段 30000円~80000円
静電式のスイッチとなっているため、腕力は必要ないが押し心地はない
吹き心地は、強弱を付けられるが、普通の楽器のように強くは吹いたりできない
見た目が、普通の楽器と違い角ばっているため、未来っぽい
AKAI EWIシリーズとして1987年から様々なシリーズが出ている。
現在、3種類出ている。

EWI USB 2008年発売、30000円
EWI4000sw 2006年発売、60000円
EWI5000 2014年発売、80000円

EWI USB

重さは、610g。USB給電でありPC接続は必須。
MIDI OUT端子の搭載は無く、USBと接続できるPC/スマホがないと音が出せない。
Windows/Mac上で動作するソフトウェアが付属しており、購入してすぐに音を出せる。
音色は、GARITTANのEWI用に選別されたサウンド・ライブラリを搭載(wiki) 。
吹奏系ならだいたい揃っており、かなり本物のような音を出せる。

EWI4000sw

重さは、乾電池(単3×4本)除いて、874g
ACアダプタ(Akai MP-9/II)は別売りで3500円。
ただし、すでに販売終了で、代替品として2000円の BOSS / PSA-100S が使用可能。
MIDI OUT端子はあるが、USB端子はなく、PC用の付属音源などもない。
音色を内蔵しており、シンセサイザーとして利用が可能。
搭載された音は、FM音源のような電子音的な音色(pdf)。
シンセサイザーなので、パラメータを編集して、自分好みの音を作り出せる。
T-SQUAREという有名なアーティストがこの楽器を使って演奏しており、楽器が有名(youtube)。
音を出すために本楽器と、スピーカーとは有線で接続する必要がある。
色が白色でスマートな感じでかっこいい。

EWI5000

重さは、900g。充電池が内蔵しており、USB接続により充電が可能。
USB端子を使用して、直接MIDIコントローラとしても使用可能だが、PC用音源は付属なし。
MIDI OUT端子があるので、外部のMIDI機器と接続が可能。
音色を内蔵しており、シンセサイザーとして利用が可能。
搭載された音は、PCM音源でリアルな音色(pdf)。。
音色は、SONiVOXのサウンド・ライブラリを搭載。
PCM音源なので、4000swのように細かな音パラメータを編集することはできない。
本楽器と、スピーカーとは無線のため。完全に独立して演奏することができる。


決めた楽器

上の紹介の力の入りようから分かるかもしれませんが、
EWI USBを購入しました。

選んだ理由

・上で候補に挙がったすべての楽器の中で最も値段が安い
・静電式のスイッチとなっているため、穴をしっかりふさぐとかそういう心配いらない
・シンセサイザー系の電子音よりは、本当の楽器のような音が好き
・パソコンが必要だが、スマホに接続しても音を出せる(MIDI音源アプリは必要)
・EWIという楽器は、T-SQUAREが使用しており知名度が高いらしい
・対抗馬のWX5は1998年発売と、すこし古く感じた。最新の技術を取り入れて新作を出してほしい……
・WX5と違い、これを買うだけでPCと直接接続できて、音源も付いているのですぐ音をだせる。

つづく……?

そういえば、書いてから気が付いたのですが、
日記という割にはやっぱりレビューのような感じになっていた。

Written by なたで

2016年8月1日 at 23:45

カテゴリー: diary, memo, music, review

Tagged with , ,

指定した秒数で区切るツール Simple Wave Splitter

leave a comment »


Simple Wave Splitter

wavファイルを指定した秒数で区切るツールを公開しました。
JRE がインストールされた環境で利用できます。

デフォルトは、10秒+モノラルになっています。
sws_sc_1_1

使い方

1. 一番上の「ここにファイルをドラッグ&ドロップ」に、wavをドラッグ&ドロップします。うまくいくとファイル名が記入されます。
※wavファイルは、CD音質(44100Hz, 16bit, 2ch)がいいです。それ以外はテストしてません。
2. 「出力ファイル名」というのは、雰囲気が分かる人は設定してください。デフォルトのままでいいと思います。
3. 「区切りたい秒数」は単位は「秒」で秒数を指定してください。小数点も可能です。区切るときはこの秒数「以下」になります。
4. 出力ファイルはモノラルがいい方は、「出力ファイルをモノラル化」にチェック
5. 「カット開始」で、wavファイルがあるディレクトリに、カットされたファイルが作られます。

 

おまけとして、技術がたくさん詰まった素晴らしいプレイヤーで「試曲」ができます。

スーパーかっこいいビジュアライザーと、ハイクオリティなエフェクターを体感セヨ!
sws_sc_1_2

直接ダウンロード
他にこれまで作ったスバラシイソフトとかはこちら


裏話(技術ポイント)
・ビジュアライザーはソフトウェアレンダリングで実装してます!
・リバーブは反射音を自動作成後に、FFTで畳み込みの実装することで超高品質なリバーブを実現!

Written by なたで

2015年5月24日 at 20:52

カテゴリー: music, program

Tagged with , , ,

オーディオ用語を音響信号処理に置き換える

leave a comment »


2ちゃんねるで有名な「電力会社の違いでも味付けに差がでる」と呼ばれるテキストがある。
これは、コピペと呼ばれている。同一文章をコピー&ペーストで張ることから呼ばれている。
なぜ、張られるのかというと、目的の一つにレスをもらいやすいというのがある。
まあそういう話はおいておいて、このテキストとはどんなものだろうか。
有名なので知っている人も多いかと思うが引用。

>電源コードを変えると音が変わるのはピュア界では常識です。
>私は発電所から専用線で我が家まで電力を引っ張り込んでいます。
>電線の材質は無酸素銅が最高ですよ。
>おかげで、ウチはミニコンですが、ハイエンドよりいい音がしますよ。
>
>ちなみに電力会社の違いでも味付けにサがでるよ。
>
>電力会社     長所      短所   お奨め度
>——————————————————————
>東京電力     バランス   モッサリ遅い    C
>中部電力    低域量感   低域強すぎ   A+
>関西電力    高域ヌケ   特徴薄い    B
>中国電力    透明感     低域薄い    B+
>北陸電力  ウェットな艶   低域薄い     A-
>東北電力    密度とSN   低域薄い    A+
>四国電力  色彩感と温度   低域薄い    A
>九州電力     バランス   距離感      C
>北海道電力   低域品質   音場狭い     B-
>沖縄電力    中高域艶   モッサリ遅い     A
>
>
>で、上は発電所から5Km地点での特徴。
>それより自宅~発電所間の距離が長いと上記特徴+マイルドの味付け
>短いと上記特徴+刺激的な味付けが加わるよ。

これが本当なのかどうか。
そういうことはここでは議論しない。
今回こういう長所・短所にかいてあるオーディオ用語を
DSPで再現できるならどうやって設計すればいいか考えたいと思う。
というわけで、まずは下調べとしてオーディオ用語
音響信号処理に置き換えたらどうなるんだろうかという観点から調べていきたい。


艶のある音

Sound Field ~オーディオのまとめ~音の艶 -つや- とはいったいなににまとめられた
超初心者のための質問スレッド★スピーカー編 46★より
>493 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2011/03/25(金) 00:08:03.80 ID:+oWIAQCQ
>音の艶とは言葉でいうとどのような事なのでしょうか?
>このスピーカーは艶っぽい音がでるとかって表現があったりしますが
>ぜんぜんわからなくて・・・・。
>例えば女性ボーカルの声でいうとどんな感じのものをいうのでしょうか??
>
>494 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2011/03/25(金) 00:29:20.62 ID:aVfXF9Ko
>音の艶を言葉で言うとおとのつやだと思うけど。
>極弱いエコーに近い感じだと私は思ってる、
>皆が皆単語に対して同じ内容を言ってるかは自信無い。
>
>
>495 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2011/03/25(金) 00:35:22.85 ID:fD54j/Q2
>>>493
>「艶」ねえ。なんとなくわかるんだが説明しにくいわなあ。
>たとえば♪I’m issinng you~とか歌ったとき、
>①艶のない音・・・やっぱり、貴方がいなくて寂しいなあ(以前はすべて楽しかったのに・・・)
>②艶のある音・・・貴方がいない、すごく寂しい(考えただけで濡れてしまうの・・・)
>というふうに聞こえるような違いかなあ。
>
>再生音の特徴としては中音に特徴(的なピーク)があるんだろうねw
他には、動画として「艶のある音
音を聞いてみると、たしかに495の匿名希望さんの書き込み
中音(1000Hz~8000Hz?)を強調した感じなのだろうか。
他に調べてみたが、これ以上の情報は見つからなかった。
とりあえず、艶のある音とは、1000Hz~8000Hzぐらいの周波数帯域を強調した音とする。
ピーキングフィルタに通すことで実装可能。


ウェットな音

言葉通りに解釈すると、ウェットというのは濡れた音。
濡れているということは、文字が滲んだりする。
滲んだ文字は、画像信号処理で言えば、低域強調フィルタ(平均値フィルタ・ガウシアンフィルタなど)に相当する。
音声信号処理で言えば、低音が強い音だということだろうか。
と解釈したが調べてみると違うみたい。
DTM初心者の方の為の作曲講座ドライとウェットによれば
>DTMの現場ではよく【ドライ】と【ウェット】という言葉が使われます。
>
>【ドライな音】というのは、エフェクトがあまりかかっていない音、
>もしくは全くエフェクトがかかっていない音のことを表します。
>
>【ウェットな音】というのは逆に、
>エフェクトがたっぷりかかっている音のことを表します。
>この場合のエフェクトというのは、主にリバーブの場合が多いですね。
>
>つまり、リバーブをほとんどかけてない音が【ドライな音】で、
>リバーブをかけている音が【ウェットな音】と考えていいと思います。
ということだそうだ。
ちなみに、昔私が購入したZOOMのマルチエフェクタRFX-300説明書にも
「Wet Mute」「Dry Thru」などの単語が使われており、
企業でも使用しているしっかりとした専門用語であるといえる。
よって、ウェットな音はリバーブ処理をかけた音とする。
所で、もしもウェットな音からドライな音に変更したい。
と思った場合は、リバーブを消さないといけないので、
リバーブのインパルス応答を推定して、逆畳み込み処理を行う必要がある。
よって、非現実的な処理が必要であるため、無理な話だと考えよう。


特徴が薄い音

「薄い音」だけならば、
▼ピック総合スレ part11▲より引用
>202 : ドレミファ名無シド : 2008/07/23(水) 21:21:17 ID:m6yhtgw3 [4回発言]
>>>200亀か・・・俺には薄い音って言うかなんか均一な音に聞こえるから余り好きじゃないな。
>今思ったんだけど鳴り=アッタクっていう認識?
「均一な音」って画像信号処理で言えば、ヒストグラムの平坦化処理
音声信号処理で言えば振幅値ヒストグラムの平坦化なので、
薄い音とはコンプレッサー処理をかけたような音で代用できるのだろうか。
ただ、今回は「特徴が薄い音」である。
これは、音声に「何らかの特徴を付ける」というのが一般的(?)だが、これはそれを行わないという意味だろうか。
だとしたら、何も信号処理を行わなければ再現できると考えられる。


透明感のある音

CRAZY HALさんのサイト浸食HAL脳耳(みみ)通信 Vol.4/音の表現用語によれば
>透明感・S/N感・歪感・雑味:音の透明感は高いほど澄んだクリアな音ということになる。
>S/N感はシグナル(Signal)とノイズ(Noise)と割合で分母のノイズ(N)が
>低いほど全体として数値が高くなるからS/N感は高いほど一般的に音質は良好とされる。
>歪感は音の歪み具合でこれは低いほど元の音に近い正確な音(原音忠実)ということになる。
>歪みが負に目立つ場合は<雑味がある>などともいう。
>スピーカーの存在感の無化は透明感とは違うが、
>様々な音像がハッキリとクリアにきこえる音の場合は<音離れが良い>などともいう。
上記のことから透明感がある音は、S/N比が大きい音と考えられる。
ノイズを削除するために簡単な方法としてスペクトルサブトラクション法がある。
これは、あらかじめ音が含まれていないノイズ部分の音を、
楽曲の流れている区間の音に対して減算処理を行うことで実装する。
実際には、振幅スペクトル部分のみに減算を行い、位相スペクトルは原音のを利用する。
これは、常に同一の音量レベルとノイズが含まれているときに効力を発揮する。
これとは違いベイズ推定を利用した音声強調に、MMSE-STSA法があり、これは携帯電話で広く使われている。
なお、透明感のある音を簡単に楽しみたい場合は、
周囲の雑音を低減させるノイズキャンセラがついたイヤホンを使用すればよいと考えられる。

もう一つの参考として、芯が強くて透明感のある音を奏でる一押しスピーカー ELAC「180シリーズ」によれば
>透明感があり、音のレンジ感が広く軽快な音
>ELACの良さの一つは「透明感」です。音のレンジ感が広く、中高域がクリアです。
>低域が重々しくなく、軽快にリズムを刻みます。
>全体にわたってきわめて透明でありながら、芯がしっかりしているので、クラシックだけでなくポップス、現代曲にもマッチします。
透明感が、中高域の音量レベルのダイナミックレンジが広いことを指すようにも見える。
これはスピーカーの話なので、小さな音から大きな音まで、
低い周波数帯域以外では、再現性が優れている。
つまり低い周波数帯域以外では、周波数特性がフラットであるということなのだろうか。
逆に言えば、透明感がある音は、スピーカーの周波数特性がフラットならば、
低い周波数帯域の音量を下げたりすれば作れるのかもしれない。

他にもギターについての質問です。JAYWALKのような音(透明感のある音?)を出すにはによれば
透明感のある音とはコーラス処理をかけた音
などと、いろいろ揺れている。
ここは、真ん中のを採用したいと思う。
しっかりとした大学講師が言っているということで。
ローシェルビングフィルタに通すことで実装可能。
コーラス、スペクトルサブトラクションなど全てを実装するのも面白いかもしれない。


もっさりとした音

OTAKU-MOTIONさんの【オーバーヘッド型ヘッドホン】 PHILIPS SHL9500 レビューから引用
>音のバランスはおおよそフラット。細かく言えば低音寄りのかまぼこ。
>派手なドンシャリではないため全体的にもっさりとした音。
もっさりした音とは、低域の周波数帯域が他の帯域に比べて強調されているような音とする。
もっさりという言葉自体、重たいイメージがあり、
重たいものは固有振動の式でMが大きいため
低い周波数帯域という関連があると考えられます。
音声信号処理ではローシェルビングフィルタに通すことで実装可能。


エッジのある音

きんたこさんのデジタルでもアナログの音が楽しめる!から引用
>当時使っていたCDP(DENON DCD1650AL)の音に不満(良く言えばエッジのきつくない音、悪く言えばもっさりした音
先ほどのもっさりした音との関連で、
エッジのある音とは、低い周波数帯域に比べて、高い周波数帯域の音が大きな音とする。
エッジという言葉は、英語の鋭さであるため、速い周波数と関連があると考えられる。
画像信号処理では、鮮鋭化処理(ラプラシアンフィルタなど)に相当する。
音声信号処理ではハイシェルビングフィルタに通すことで実装可能。


色彩感と温度がある音

これは、四国電力の長所に書いてあるものである。
色彩感と、色温度のことだろうか。

色彩感とは、色の彩度を表してると考える。
彩度は、HSV色空間HLS色空間のSaturationであり、RGBの色から計算で求められる。
彩度大きいための条件には、他の色の交わりがないと考えられる。
これは白色雑音、つまりノイズが少ないと考えられないだろうか。

色温度とは、光の色を表していると考える。
色温度が大きいとするならば、青色っぽい感じを表すと考えられる。
可視光線で青色の波長は、赤色に比べて短い。つまり高い周波数を持っている。
よって、高い周波数成分が大きいことを表すのだろうか。
四国電力の短所の「低域薄い」もこのためだと考えれば納得がいく。

色彩感と温度が良いとはS/N比が大きく、さらに低域の周波数成分が抑えられているような音とする。

Written by なたで

2011年8月18日 at 00:13

カテゴリー: memo, music

Tagged with , , ,

マウスの購入のついでに……

leave a comment »


以前、マイクロソフトのマウスを購入した日記を書きましたが、実はあと2品買ってました。
しかも、今回は初の中古品です。中古品はamazonでは、
出品者からという形で買うことができるのですが、いままで利用したことがありませんでした。
というわけで、購入手続きしたあと、届くまでちょっと心配でした。

で、結果なのですが、無事2品とも届きました(o・ω・o)
いや~安いし、結構きれいだし。とても満足。
壊れる壊れないとか心配のない、電気機器以外なら中古でも十分ですね。
CDなんてパソコン上で聞くので、リッピングさえ出来れば十分ですし。

1つは、ソーマブリンガーのサントラです。前々から欲しかったので嬉しいです。

中古といっても、こちらは専門店がやっているものだったようなので、包装が十分でした。


中はこんな感じ。3枚組み。普通に品として綺麗。
というか、箱の庭も欲しくなってきた。
「ちくりどり」とか、のほほんとしか感じがいいし。
「華舞踏」は音楽の展開が最高です。またサンプル曲聴いたら買いたくなってきた。
ちなみに、「箱の庭」は「ラクガキ王国2」というゲームのサントラらしいです。

もう1つは、本(自己組織化マップ応用事例集)です。こちらは個人出品でした。
中古なので送料あわせても50%以上安かったです。

SOMは、授業で1回触れたことがあって、直感的で分かりやすくもっと勉強したいなと。
で、この本読んだのですが……実際は結構難しいです><
本のレビューとしては、1章にSOMの原理が書いてあり、2章からは使い方の事例が書いてあります。
いつかSOMを利用した簡単なプログラムとか作ってみたいです。

Written by なたで

2009年7月2日 at 20:00

カテゴリー: music

Tagged with ,

おんがくだいすき

leave a comment »


声の入った音楽はあんまり聴かないんだけど、久しぶりにすごいいい音楽見つけた。
 
SunMin thanX Kubota Keep Holding U

            

 
これ。
うん。
なんか日本沈没の主題歌らしいんだけど、すごい歌がうまい。
久しぶりに日本の歌で感動した。
 
やっぱり、マニアックだけどmy talesのようなミュージカル的な音楽が、私の好みみたいですはい。
 
そういえば、全然ジャンル変わるんだけど、気になる音楽をちょっと前に見つけた。
Madnessっていうバンド。House Of Funとか、Baggy Trousersとかかっこいいです。

上のリンクが切れてたので新しいの

Written by なたで

2008年7月12日 at 18:36

カテゴリー: music

マイクスタンド

leave a comment »


家電製品を取り扱っているEiden、2店舗行っても

マイクは売ってるのにマイクスンタンドは置いていなく、

音楽関係かなと思ってHardoffやYAMAHAの店にも行っても

立つ用のマイクスタンドはあったけど机に置くタイプ売っていない。

こんな風にマイクスタンドを捜し求めて半年(^◇^;エッw

ついに自分の手で作ること…。

まずジャンボエンチョーにていろいろ部品買ってきました。(\1426)

んでついに念願のマイクスタンドが!!

しょぼいとか言わないでね、頑張ったんだから…。

ところで何にマイク使っているかって?

ひ・み・つ ( ^3^)/

ってかぶっちゃけ体育館で校長先生とかが使っている
机置きマイクスタンドってどこに売ってるんだろう。

Written by なたで

2005年6月15日 at 15:21

カテゴリー: music

ヘンリー八世の六人の妻

leave a comment »


初めてamazonでお買い物しました。

Rick Wakemanの「Six Wives of Henry VIII」っていうCDです。

んで1241円だったので送料無料の1500円以上にするため

大学生活のための「レポート・論文の書き方入門」買いました(^o^)丿

ところでamazonってすごい早く到着しますね。また利用したいと思います!

ってことで今日は「Six Wives of Henry VIII」についてレビューします^^

えとまずなんでヘンリー八世の六人の妻っていう題名かと言いますと

実はこのCD6番まであって一曲をその一人の妻のテーマ曲みたいな感じで構成されているんです。

んでまあそれはおいて置いてこのCD1973年発売(そのころはレコードかな?)なんですが

今聞いても全然音が色あせてなくてそれ以上になんか曲が未来的ですよ。

ってか演奏レベルか神業でもう驚きがいっぱいです。

Catherine of Aragon(アラゴンのキャサリン

いきなり力強いベースで始まるのですがリズムは激しくなく優しい感じです。

最初はそんな感じですが展開後もっと柔らかくなりシンセとボーカルで盛り上がっていく感じです。

私がCDを買う動機になっただけにおすすめです(^o^)丿

Anne of Cleves(クレーヴのアン

危ないオルガンから始まります。その後激しく展開していきます。

音楽的にはゲームの曲ようです。ベースとロックオルガンの兼合いがいかしますヽ(^o^)丿

Catherine Howard(キャサリン・ハワード)

ピアノがメインな曲。クラシックとポップの融合ですよ。

途中からピアノに強烈なシンセが入り味を付けていきます。

また残りの3曲は次回レビューします(。>ω<)

Written by なたで

2005年5月25日 at 21:36

カテゴリー: music