セカンドライフで壁にめり込んでしまったオブジェクトの対処法

投稿日: 更新日:

窓にカーテンを取り付けてたのですが、
カーテンが勝手にめくれてしまって、カーテン元のプリムが壁に埋め込まれてしまった!!
選択しようにも壁の中だから選択できない。困った!!

他にも、オブジェクト作成中に、
「ファントム」と「物理」特性を有効にした途端、
床を突き抜けて、どこかに落ちてしまった!!
どこいったか行方不明><

よくありますよね?

……ない?

サンドボックス上なら定期的に削除してもらえるのですが、
自宅などで起こると、削除できないし、
使用できるプリム数が減るし、で大変なことになります。

もしかしたらもっといい方法があるかもしれませんが、
私が行った、めり込んだオブジェクトを削除する方法を紹介します。

secondlife_kabe_object_1
まずは、環境設定ウィンドウの詳細の中の「デベロッパーメニューを表示」にチェック。
メニューバーに「開発」の項目が増えます!

secondlife_kabe_object_3
メニューバーの「開発」の「レンダリング」の「ワイヤーフレーム」にチェックしてください。
壁の中に埋め込まれてしまったものや、床の中に落ちてしまったオブジェクトが見えるようになります。

secondlife_kabe_object_4
あとは、カメラを「オブジェクト視点」にして、
ここはコツがいるのですが、だんだんと目的のオブジェクトに近い場所へ、視点を変更していきます。

そして最後に、オブジェクトを右クリックすることで、埋め込まれてしまったオブジェクトを選択できます

まとめると、

  1. 左クリックのドラッグでカメラの移動と拡大。
  2.  左クリックで視点位置を変更後、そのままドラッグでカメラの移動と拡大。(この時、壁の中へカメラをめり込ませるのがコツ)
  3. 2.を繰り返していき、ターゲットのオブジェクトに十分に近づけたら4.へ
  4. 目的のオブジェクトを右クリックで選択

あとは、削除するなり、移動するなりしましょう。

以上です。
まあ当たり前の話だったかもしれませんね。

広告

コメントをどうぞ(承認された後に公開されます。メールアドレスの記入は自由ですが、記入した場合でも一般公開されることはありません)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中