オーディオ用語を音響信号処理に置き換える

投稿日: 更新日:

2ちゃんねるで有名な「電力会社の違いでも味付けに差がでる」と呼ばれるテキストがある。
これは、コピペと呼ばれている。同一文章をコピー&ペーストで張ることから呼ばれている。
なぜ、張られるのかというと、目的の一つにレスをもらいやすいというのがある。
まあそういう話はおいておいて、このテキストとはどんなものだろうか。
有名なので知っている人も多いかと思うが引用。

>電源コードを変えると音が変わるのはピュア界では常識です。
>私は発電所から専用線で我が家まで電力を引っ張り込んでいます。
>電線の材質は無酸素銅が最高ですよ。
>おかげで、ウチはミニコンですが、ハイエンドよりいい音がしますよ。
>
>ちなみに電力会社の違いでも味付けにサがでるよ。
>
>電力会社     長所      短所   お奨め度
>——————————————————————
>東京電力     バランス   モッサリ遅い    C
>中部電力    低域量感   低域強すぎ   A+
>関西電力    高域ヌケ   特徴薄い    B
>中国電力    透明感     低域薄い    B+
>北陸電力  ウェットな艶   低域薄い     A-
>東北電力    密度とSN   低域薄い    A+
>四国電力  色彩感と温度   低域薄い    A
>九州電力     バランス   距離感      C
>北海道電力   低域品質   音場狭い     B-
>沖縄電力    中高域艶   モッサリ遅い     A
>
>
>で、上は発電所から5Km地点での特徴。
>それより自宅~発電所間の距離が長いと上記特徴+マイルドの味付け
>短いと上記特徴+刺激的な味付けが加わるよ。

これが本当なのかどうか。
そういうことはここでは議論しない。
今回こういう長所・短所にかいてあるオーディオ用語を
DSPで再現できるならどうやって設計すればいいか考えたいと思う。
というわけで、まずは下調べとしてオーディオ用語
音響信号処理に置き換えたらどうなるんだろうかという観点から調べていきたい。


艶のある音

Sound Field ~オーディオのまとめ~音の艶 -つや- とはいったいなににまとめられた
超初心者のための質問スレッド★スピーカー編 46★より
>493 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2011/03/25(金) 00:08:03.80 ID:+oWIAQCQ
>音の艶とは言葉でいうとどのような事なのでしょうか?
>このスピーカーは艶っぽい音がでるとかって表現があったりしますが
>ぜんぜんわからなくて・・・・。
>例えば女性ボーカルの声でいうとどんな感じのものをいうのでしょうか??
>
>494 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2011/03/25(金) 00:29:20.62 ID:aVfXF9Ko
>音の艶を言葉で言うとおとのつやだと思うけど。
>極弱いエコーに近い感じだと私は思ってる、
>皆が皆単語に対して同じ内容を言ってるかは自信無い。
>
>
>495 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2011/03/25(金) 00:35:22.85 ID:fD54j/Q2
>>>493
>「艶」ねえ。なんとなくわかるんだが説明しにくいわなあ。
>たとえば♪I’m issinng you~とか歌ったとき、
>①艶のない音・・・やっぱり、貴方がいなくて寂しいなあ(以前はすべて楽しかったのに・・・)
>②艶のある音・・・貴方がいない、すごく寂しい(考えただけで濡れてしまうの・・・)
>というふうに聞こえるような違いかなあ。
>
>再生音の特徴としては中音に特徴(的なピーク)があるんだろうねw
他には、動画として「艶のある音
音を聞いてみると、たしかに495の匿名希望さんの書き込み
中音(1000Hz~8000Hz?)を強調した感じなのだろうか。
他に調べてみたが、これ以上の情報は見つからなかった。
とりあえず、艶のある音とは、1000Hz~8000Hzぐらいの周波数帯域を強調した音とする。
ピーキングフィルタに通すことで実装可能。


ウェットな音

言葉通りに解釈すると、ウェットというのは濡れた音。
濡れているということは、文字が滲んだりする。
滲んだ文字は、画像信号処理で言えば、低域強調フィルタ(平均値フィルタ・ガウシアンフィルタなど)に相当する。
音声信号処理で言えば、低音が強い音だということだろうか。
と解釈したが調べてみると違うみたい。
DTM初心者の方の為の作曲講座ドライとウェットによれば
>DTMの現場ではよく【ドライ】と【ウェット】という言葉が使われます。
>
>【ドライな音】というのは、エフェクトがあまりかかっていない音、
>もしくは全くエフェクトがかかっていない音のことを表します。
>
>【ウェットな音】というのは逆に、
>エフェクトがたっぷりかかっている音のことを表します。
>この場合のエフェクトというのは、主にリバーブの場合が多いですね。
>
>つまり、リバーブをほとんどかけてない音が【ドライな音】で、
>リバーブをかけている音が【ウェットな音】と考えていいと思います。
ということだそうだ。
ちなみに、昔私が購入したZOOMのマルチエフェクタRFX-300説明書にも
「Wet Mute」「Dry Thru」などの単語が使われており、
企業でも使用しているしっかりとした専門用語であるといえる。
よって、ウェットな音はリバーブ処理をかけた音とする。
所で、もしもウェットな音からドライな音に変更したい。
と思った場合は、リバーブを消さないといけないので、
リバーブのインパルス応答を推定して、逆畳み込み処理を行う必要がある。
よって、非現実的な処理が必要であるため、無理な話だと考えよう。


特徴が薄い音

「薄い音」だけならば、
▼ピック総合スレ part11▲より引用
>202 : ドレミファ名無シド : 2008/07/23(水) 21:21:17 ID:m6yhtgw3 [4回発言]
>>>200亀か・・・俺には薄い音って言うかなんか均一な音に聞こえるから余り好きじゃないな。
>今思ったんだけど鳴り=アッタクっていう認識?
「均一な音」って画像信号処理で言えば、ヒストグラムの平坦化処理
音声信号処理で言えば振幅値ヒストグラムの平坦化なので、
薄い音とはコンプレッサー処理をかけたような音で代用できるのだろうか。
ただ、今回は「特徴が薄い音」である。
これは、音声に「何らかの特徴を付ける」というのが一般的(?)だが、これはそれを行わないという意味だろうか。
だとしたら、何も信号処理を行わなければ再現できると考えられる。


透明感のある音

CRAZY HALさんのサイト浸食HAL脳耳(みみ)通信 Vol.4/音の表現用語によれば
>透明感・S/N感・歪感・雑味:音の透明感は高いほど澄んだクリアな音ということになる。
>S/N感はシグナル(Signal)とノイズ(Noise)と割合で分母のノイズ(N)が
>低いほど全体として数値が高くなるからS/N感は高いほど一般的に音質は良好とされる。
>歪感は音の歪み具合でこれは低いほど元の音に近い正確な音(原音忠実)ということになる。
>歪みが負に目立つ場合は<雑味がある>などともいう。
>スピーカーの存在感の無化は透明感とは違うが、
>様々な音像がハッキリとクリアにきこえる音の場合は<音離れが良い>などともいう。
上記のことから透明感がある音は、S/N比が大きい音と考えられる。
ノイズを削除するために簡単な方法としてスペクトルサブトラクション法がある。
これは、あらかじめ音が含まれていないノイズ部分の音を、
楽曲の流れている区間の音に対して減算処理を行うことで実装する。
実際には、振幅スペクトル部分のみに減算を行い、位相スペクトルは原音のを利用する。
これは、常に同一の音量レベルとノイズが含まれているときに効力を発揮する。
これとは違いベイズ推定を利用した音声強調に、MMSE-STSA法があり、これは携帯電話で広く使われている。
なお、透明感のある音を簡単に楽しみたい場合は、
周囲の雑音を低減させるノイズキャンセラがついたイヤホンを使用すればよいと考えられる。

もう一つの参考として、芯が強くて透明感のある音を奏でる一押しスピーカー ELAC「180シリーズ」によれば
>透明感があり、音のレンジ感が広く軽快な音
>ELACの良さの一つは「透明感」です。音のレンジ感が広く、中高域がクリアです。
>低域が重々しくなく、軽快にリズムを刻みます。
>全体にわたってきわめて透明でありながら、芯がしっかりしているので、クラシックだけでなくポップス、現代曲にもマッチします。
透明感が、中高域の音量レベルのダイナミックレンジが広いことを指すようにも見える。
これはスピーカーの話なので、小さな音から大きな音まで、
低い周波数帯域以外では、再現性が優れている。
つまり低い周波数帯域以外では、周波数特性がフラットであるということなのだろうか。
逆に言えば、透明感がある音は、スピーカーの周波数特性がフラットならば、
低い周波数帯域の音量を下げたりすれば作れるのかもしれない。

他にもギターについての質問です。JAYWALKのような音(透明感のある音?)を出すにはによれば
透明感のある音とはコーラス処理をかけた音
などと、いろいろ揺れている。
ここは、真ん中のを採用したいと思う。
しっかりとした大学講師が言っているということで。
ローシェルビングフィルタに通すことで実装可能。
コーラス、スペクトルサブトラクションなど全てを実装するのも面白いかもしれない。


もっさりとした音

OTAKU-MOTIONさんの【オーバーヘッド型ヘッドホン】 PHILIPS SHL9500 レビューから引用
>音のバランスはおおよそフラット。細かく言えば低音寄りのかまぼこ。
>派手なドンシャリではないため全体的にもっさりとした音。
もっさりした音とは、低域の周波数帯域が他の帯域に比べて強調されているような音とする。
もっさりという言葉自体、重たいイメージがあり、
重たいものは固有振動の式でMが大きいため
低い周波数帯域という関連があると考えられます。
音声信号処理ではローシェルビングフィルタに通すことで実装可能。


エッジのある音

きんたこさんのデジタルでもアナログの音が楽しめる!から引用
>当時使っていたCDP(DENON DCD1650AL)の音に不満(良く言えばエッジのきつくない音、悪く言えばもっさりした音
先ほどのもっさりした音との関連で、
エッジのある音とは、低い周波数帯域に比べて、高い周波数帯域の音が大きな音とする。
エッジという言葉は、英語の鋭さであるため、速い周波数と関連があると考えられる。
画像信号処理では、鮮鋭化処理(ラプラシアンフィルタなど)に相当する。
音声信号処理ではハイシェルビングフィルタに通すことで実装可能。


色彩感と温度がある音

これは、四国電力の長所に書いてあるものである。
色彩感と、色温度のことだろうか。

色彩感とは、色の彩度を表してると考える。
彩度は、HSV色空間HLS色空間のSaturationであり、RGBの色から計算で求められる。
彩度大きいための条件には、他の色の交わりがないと考えられる。
これは白色雑音、つまりノイズが少ないと考えられないだろうか。

色温度とは、光の色を表していると考える。
色温度が大きいとするならば、青色っぽい感じを表すと考えられる。
可視光線で青色の波長は、赤色に比べて短い。つまり高い周波数を持っている。
よって、高い周波数成分が大きいことを表すのだろうか。
四国電力の短所の「低域薄い」もこのためだと考えれば納得がいく。

色彩感と温度が良いとはS/N比が大きく、さらに低域の周波数成分が抑えられているような音とする。

広告

コメントをどうぞ(承認された後に公開されます。メールアドレスの記入は自由ですが、記入した場合でも一般公開されることはありません)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中