Javaで3D 2

投稿日: 更新日:

ビルボードとポイントスプライトに対応しました。
ビルボードで、オブジェクトを全部カメラ側に向かせています。
方法としては、ビュー行列の回転要素のみを、転置行列にして逆行列作成。(回転行列は転置行列が逆行列になる)
その後はつじつま合わせ。

ポイントスプライトは、画面で丸いやつです。
高速化のために加算のみしか対応しませんでした。パーティクルって通常は加算ばっかりですもんね。
サイズは、係数ABCから「1/(A+d*B+d^2*C)」(dはカメラとパーティクルとの距離)という方法で求められます。
通常は、AとBは0にして、Cは小さな値を入れておきます。これで、それっぽい大きさになります。

広告

コメントをどうぞ(承認された後に公開されます。メールアドレスの記入は自由ですが、記入した場合でも一般公開されることはありません)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中