なたで日記

いろいろな思ったこと書きますヽ(^▽^ゞ) by natade

函数とはなんだろう

leave a comment »

先週ぐらい、ある先生から貸してもらったという、
本来覚えておく必要があるらしい線形代数の本に、
見慣れないこんな漢字が……「函数」

どのページにも書いてあって、これなんだろうと検索してようやく分かりました。
(といっても数分なのですが)
正解は、なんと「関数」です。

この本は、昭和の始めに書かれたもののようで、時代を感じさせたことと、
「函数」の読み方の勉強になりました。
普通、「函」なんて「函館」ぐらいしか思いつかないし、カンって読むなんて知らなかった。
本を借りた友達も、読めなかったので、案外読めない人多かったり…いや偶然かな。

それで、なんでこんな話したかというと、
今日、正規分布についてWikipediaで調べていたら、「函数」という文字が。

うん。

普段、情報関連のことやっているせいか、
function=関数という文字にものすごく見慣れているので、
函数の違和感がすごいです。はい。

ところで、ノートを見てみると
関数に書き換えなければいけないという強迫観念にも似たこだわりを持つ荒ら…
改めて函数荒らしの除去…
関数→函数書き換えに伴うリンク切れを訂正。…
函数荒らしの除去
と、なにやら気持ちの悪いことに。

どうやらWikipediaでは、Wikipedia:井戸端/subj/「関数」か「函数」かで、
どちらに統一するべきが議論が進んでいるようです。

私としては、関数の方が一般人にとっては分かりやすいような気もするのですが、
こだわりというか、職人魂というか、文化・伝統というか、まあ色々大変そうです。
議論では、「函数、抛物線、共軛」が普通に使われているとかありますが、
使う使わない以前に、初めて見たのですが…。

これらの読み方は、それぞれ
「抛物線」→「放物線
「共軛」→「共役

ちなみに、この1956年の漢字の制定では他にも次のような漢字が変わったそうです。
「颱風」→「台風」
「伸暢」→「伸長」
「編輯」→「編集」

「函数、抛物線、共軛」が普通に使われているのは2009年の現在、60代後半の方ぐらいでしょうか。


これについてのリンクのまとめ
Wikipedia:井戸端/subj/「関数」か「函数」か
Wikipedia:井戸端/subj/「函数/関数」など複数の表記がある語の扱い
Wikipedia:ウィキプロジェクト 数学/函数と関数
Wikipedia ノート:関数 (数学)
Wikipedia ノート:関数
広告

Written by なたで

2009年6月23日 @ 00:51

カテゴリー: memo

Tagged with ,

コメントをどうぞ(承認された後に公開されます。メールアドレスの記入は自由ですが、記入した場合でも一般公開されることはありません)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。