乾電池の種類について

投稿日: 更新日:

エネループが、以前からなんか色々なところで話題になっていて、
普通の充電池何が違うのか、気になっていた。
あと、ニカド電池とニッケル電池の違いも気になっていた。
ということで、よく使用されている電池をまとめてみました。
今まで、充電池ときくと「電池を全て使い切らないといけない」とか
そういう記憶があったけど、種類のよって違うんですね。

充電できないタイプ(1次電池)

電力・1.5V(初期)~0.85V(切れかけ)
長所・安い、休ませると容量が回復
短所・電池の容量が小さい。過放電で液漏れ。自己放電。
使いどころ・リモコンなど常時使うわけではないもの。
電力・1.5V(初期)~0.9V(切れかけ)
長所・電池の容量が大きい。(マンガン乾電池の1.5倍~10倍)
短所・マンガン電池より高い。
使いどころ・いろいろ。
オキシライド乾電池】(パナソニックが開発。オキシアルカリ乾電池。)
電力・1.7V(初期)~1V(切れかけ)
長所・電池の容量が大きい。(アルカリ乾電池の1.5倍)、電力が大きい。
短所・電力が大きいので、対応した機器じゃないとまずいかも。アルカリ乾電池より高い。
使いどころ・販売終了

EVOLTA】(パナソニックが開発。オキシライドの後継乾電池。アルカリ乾電池の改良版。)
電力・1.6V(初期)
長所・電池の容量が大きい。
短所・オキシライド乾電池よりわずかに高い。

充電できるタイプ(2次電池)

ニカド乾電池】(アルカリ乾電池)
電力・1.2V(初期)
長所・モーターなどに適した特性。過放電しても充電で回復。
短所・カドミウムが危険。メモリー効果(容量の全てを使い切った後、充電しないといけない。)
使いどころ・ミニ四駆!

ニッケル乾電池】(水素電池)
電力・1.2V(初期)
長所・電池容量が大きい(ニカド電池の2.5倍)
短所・メモリー効果、ニカド電池より過充電に弱い、自然放電。
エネループ】(三洋電機が開発。ニッケル乾電池)
電力・1.2V(初期)
長所・メモリー効果、自然放電に強い
短所・従来のニッケル乾電池より、少し電池容量が少ない。ちょっと大きい。
使いどころ・今まで1次電池を使ってたもの全般。
充電式EVOLTA】(パナソニックが開発。ニッケル乾電池。)
電力・1.2V(初期)
長所・ニッケル乾電池より、長持ち。電池容量もわずかに大きい。
短所・書いてなかった。
長所・メモリー効果、自然放電に強い。
短所・過充電すると劣化+発火。充電した電池を使わないと劣化。
使いどころ・携帯電話。ノートパソコン。
広告

コメントをどうぞ(承認された後に公開されます。メールアドレスの記入は自由ですが、記入した場合でも一般公開されることはありません)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中