B-CAS 末路

投稿日: 更新日:

ASCII.jp 「第5権力」としてのウェブ 2008/10/7 9:00 より一部抜粋
 
> 総務省の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する
>検討委員会(デジコン委員会)」は9月26日、地上デジタル放送のB-CASを見直すことを決めた。
>6月にまとめられた第5次答申では「消費者や権利者の立場からB-CASについてさまざまな指摘が行なわれた」
>ことを理由に廃止の方向を打ち出している。放送局も反対していないので、B-CASの廃止が事実上決まった
 
>B-CASがなくなると、ダビング10の信号は受信機で無視できるようになるので、
>これをどうするかが焦点だ。デジコン委員会の村井純主査(慶應義塾大学教授)は
>「技術と契約」で対応する方針を示した。しかし、法律で強制しない限り、
>ダビング10に対応するかどうかは受信機メーカーの自由だ。
>国内メーカーが(放送局の圧力を恐れて)ダビング10を採用しても、
>海外メーカーが「ダビング10なし」を売り物にして乗り込んでくる。
>ダビング10も実質的に廃止(任意の規格)にするしかないだろう、というのが関係者の見方だ。
 
> デジコン委員会では、これまで一貫して放送局・権利者団体の意向に
>そって審議が実施されてきたが、ウェブではB-CASに反対の意見が圧倒的だった。
>これを受けて公正取引委員会が、独占禁止法違反の容疑でB-CAS社などの
>事情聴取に乗り出したことが流れを決めた。
>結果的には、ウェブの世論が総務省の「業者行政」を押し切ったわけだ。
 
 
色々問題が山積みにされていたB-CASカード
もちろんまだ決まったわけじゃないと思うけど、廃止?になるらしい。
いや、本当かどうか、分からないけど。
 
ニュースとかの永久保存が、ダビング10によって行えないようなら、やっぱりマズいんだろうなあ。
公共のテレビを見るのに、情報が非公開の怪しげな非国営の会社にお金を出して登録しないと見られない。
(※アナログテレビより解像度fpsが低いワンセグを除く)
そんなの嫌過ぎる。
 
でもせっかくシステム作ったんだから、
NHKだけは、普段スクランブルかけておいて、(この間はNHK用のカード必要)
ニュースの時だけは、スクランブルかけない。
とかそういうことが出来るようにすれば有効活用できそう。
(※従来からの有料放送にはB-CASのシステムは引継ぎ)
 
利益のために、絶対そんなことはしないだろうけど。うん。
 
しかし、新聞・テレビなどのメディアが今まで世論を支配してきたように、
ウェブを使って、個人が世論を動かすような世界になることをやっぱり恐れているんだろうなあ。
 
話変わるけど、独占禁止法繋がりで、JASRACどうなったんだろう。
今年の4月23日に立ち入り調査があったようだけど。「以前書いたJASRACについて
広告

コメントをどうぞ(承認された後に公開されます。メールアドレスの記入は自由ですが、記入した場合でも一般公開されることはありません)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中