「ありがとう…じゃが島」の動画について

投稿日: 更新日:

以前(2007/10/18(木))に書いたレスです。([]って書いてあるのは変更しています。
結構動画を参考として紹介されることがあるので、一応、ここに書き直しておきます。
ここでいう動画とは、「jagatoukoubouki Saikyo no Gundan – Jagatou … Thanks」のことです。
 

2 名前:名無し[名前無記入] 2007/10/17 20:19 ID:akCC.Jop
    チーターに対する印象を大きく塗り替える過剰な宣伝。
    住民に対する何者か(反チート団体等)よりのプロパガンダと思われる
    基本的にチーターを弁護するつもりは金輪際無いが、彼らが過疎の原因となったというのはあまりにも大胆で曖昧な思想である
    まずはどのゲームにも内容を改造するチーターなる存在があることを知っていただきたい。
    さまざまな管理を施してもチーターが一向に絶えないゲームはその中で過半数を占めることになるだろうが、果たしてそのゲームは必ずしも過疎化してしまっているだろうか という理念がひとつ
    もうひとつは、最強の軍団が閉鎖した理由はチートによるものではなく、管理者の現実で何らかの事象があったものと言われている
    その説に関する理由は多々あるが、当時行われていた議論に終止符を打つかの如く決定的な要素となったのは、“チーターがいるために閉鎖するのであれば最強の軍団よりも大量にチーターが存在した本島までもを閉鎖するはずである”という理念である
3 名前:名無し[名前無記入] 2007/10/17 20:26 ID:akCC.Jop
    結局はチーターが出てきたから過疎になったなどと結論づけ、勝手に“5年間おつかれさまでした”等と無責任なことを言い放つ
    原因がゲーム住民の悪しき評判であったり、ゲーム自体のクオリティであるという説は一切考えず、最初から自分らを苦しめたチーターを原因と決め付ける
    幼すぎるロジックが情けないほどに露骨に出ている動画であるが、冷静に他のオンラインゲームなどを参照に考えても見れば、ゲームの過疎化は単に規則違反者がいることによって起こる事象ではないということが十分理解でき得る
    このような論理の立て方しかまともにすることができず、いつも簡単な結末に事を運んでしまうこのような住民が多いからこそ、来客者や従来の古参プレイヤーらの期待心を殺ぎ、過疎につながっているのではないだろうか。

>結局はチーターが出てきたから過疎になったなどと結論
この動画は最強の軍団が1度目に閉鎖された時、2004年から作り始めた動画です。
最強の軍団が1度目に終了した時の公式の理由は
>>残念ですが、不正な遊び方をするユーザが多いようですので、
>>3月末を持ちまして一旦このゲームは閉鎖させていただきます。
これです。これに対しての製作なのです。
私はじゃが島を以前からやっており、
最強の軍団に敬意を持ってつのさんにお疲れ様というつもりで作りました。
つまりあなたの言っている通り、この段階では過疎とは関係ありません。
ただチーターのせいで最強の軍団が終了した。それだけです。
これ以上チーターが増えないように、フリーのチーターも止めるように、
また最強の軍団の全ての思い出としても製作を開始したわけです。

ただ製作完了前に最強の軍団が復活(閉鎖3ヵ月後)したので、製作は中止しました。
その後2006年にまた最強の軍団が終了しました。
このときの公式の理由は
>>いろいろ悩んだのですが、次回の第20回大会をもちまして、
>>「最強の軍団」は終了させていただこうと思います。
ですので、2度目の終了はチーターが原因とは全く言い切れません。

終了したので、ありがとうじゃが島の後半を追加して公開したわけです。
2007年にまた最強の軍団は復活してますがはい。
2004年の終了時と2006年の終了時に多くのプレイヤーは離れたと思います。

>チーターに対する印象を大きく塗り替える過剰な宣伝。
>住民に対する何者か(反チート団体等)よりのプロパガンダと思われる
公開したのは私です。チートはよくないことです。
チート行為は誰でもしていいんだ、自分さえよければいいのだという風習
を変えたかったのも製作の理由の一つです。
つまりその通り、チート行為は悪だ、という印象に塗り替えたかった。
少なくとも最強の軍団の1度目の終了はチート行為のせいなのです。

>もうひとつは、最強の軍団が閉鎖した理由はチートによるものではなく、
>管理者の現実で何らかの事象があったものと言われている
2度目の終了に対しては名無しさんの言う通りです。

>“チーターがいるために閉鎖するのであれば最強の軍団よりも
>大量にチーターが存在した本島までもを閉鎖するはずである”
最強の軍団では、点数を競い大会別で更新してもらうシステムです。
点数をとらなければ自分の軍団は乗せてもらえない分けなのです。
最強の軍団の多くのプレイヤーたちはその点数を競うためにやっていると思っています。
チーター・八百長がいればこのシステムは崩れてしまいます。
やる気が損なわれるのは当然だと思います。
ですので本島との比較は出来ないと思います。

>幼すぎるロジックが情けないほどに露骨に出ている動画
[] 論じるのであれば、理由無しで一方的に煽りを書くべきではないと私は思います。

>このような論理の立て方しかまともにすることができず、
>いつも簡単な結末に事を運んでしまうこのような住民が多いからこそ、
>来客者や従来の古参プレイヤーらの期待心を殺ぎ、
>過疎につながっているのではないだろうか。
とにかく、その動画は最強の軍団の1度目の終了と2度目の終了に対しての動画です。
終了すると決まった時に初公開し最強の軍団は終了したので、
過疎以前にプレイすることさえ出来なくなりました。
現在のフリーについての現状は、私はよく知りません。

2007年の3度目の復活では、
・大会別ランキングを更新しない。
・チーター・八百長は根強くいる。
・チート対策も何もせずにそのままの公開。
・また終了するかもしれないという不安。(既に2回終了している)
というのに嫌気をさして軍団は過疎に陥っているのではないでしょうか。
もちろん断言できませんが、少なくとも私はそうです。

広告

コメントをどうぞ(承認された後に公開されます。メールアドレスの記入は自由ですが、記入した場合でも一般公開されることはありません)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中