じゃが島_memo6

投稿日: 更新日:

ちょww
 
以外に簡単に裏面の処理ができちゃったwwww
 
 
まさか2つのベクトルの外積の計算式がこんなところで役に立つなんて。
 
ただ1つの面を調べるのに8回もatan使ってます。
 
速度は大丈夫かな、描写速度よりは計算速度のほうが速いからいいけど。
 
だれか4点から右方向に回転か、左方向に回転か調べる方法でもっといい方法があったら教えて下さい^^
 
/*4点が左回転か右回転かを調べる*/
#defcfunc gsqcheck array gsqc_dx,array gsqc_dy
 dimtype gsqcheck_p,vartype("double"),4
 gsqcheck_p_2=0
 gsqcheck_p(0)=(atan((gsqc_dy(1)-gsqc_dy(0)),(gsqc_dx(1)-gsqc_dx(0)))-atan((gsqc_dy(2)-gsqc_dy(1)),(gsqc_dx(2)-gsqc_dx(1))))
 gsqcheck_p(1)=(atan((gsqc_dy(2)-gsqc_dy(1)),(gsqc_dx(2)-gsqc_dx(1)))-atan((gsqc_dy(3)-gsqc_dy(2)),(gsqc_dx(3)-gsqc_dx(2))))
 gsqcheck_p(2)=(atan((gsqc_dy(3)-gsqc_dy(2)),(gsqc_dx(3)-gsqc_dx(2)))-atan((gsqc_dy(0)-gsqc_dy(3)),(gsqc_dx(0)-gsqc_dx(3))))
 gsqcheck_p(3)=(atan((gsqc_dy(0)-gsqc_dy(3)),(gsqc_dx(0)-gsqc_dx(3)))-atan((gsqc_dy(1)-gsqc_dy(0)),(gsqc_dx(1)-gsqc_dx(0))))
 repeat 4
 if gsqcheck_p(cnt)>0{gsqcheck_p_2++}
 loop
 if gsqcheck_p_2>2{return 1}else{return 0}
 
もうめちゃめちゃ^^
 
キーボードの矢印キーで動かせるようにしたやつ。
立方体のみだからZソートしなくても、裏面処理のおかげでなんとか普通に見える。
 
そういえば、陰面処理したポリゴンの上に陰線処理したワイヤーを乗せると、アニメっぽくなるね。

広告

コメントをどうぞ(承認された後に公開されます。メールアドレスの記入は自由ですが、記入した場合でも一般公開されることはありません)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中